スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激しい恋

万葉集 巻第十三 相聞 13-3272

打延而 思之小野者 不遠
其里人之 標結等 聞手師日従 立良久乃
田付毛不知 居久乃 於久鴨不知 親之
己之家尚乎 草枕 客宿之如久 思空
不安物乎 嗟空 過之不得物乎 天雲之
行莫々 蘆垣乃 思乱而 乱麻乃
麻笥乎無登 吾戀流 千重乃一重母 人不令知
本名也戀牟 氣之緒尓為而


うちはへて 思ひし小野は 遠からぬ
その里人の 標結ふと 聞きてし日より 立てらくの
たづきも知らず 居らくの 奥処も知らず にきびにし
我が家すらを 草枕 旅寝のごとく 思ふそら
苦しきものを 嘆くそら 過ぐしえぬものを 天雲の
ゆくらゆくらに 葦垣の 思ひ乱れて 乱れ麻の
をけをなみと 我が恋ふる 千重の一重も 人知れず
もとなや恋ひむ 息の緒にして


反し歌 13-3273


二つなき恋をしすれば常の帯を
  三重結ぶべく我が身はなりぬ


  長い間 思い続けて来た小野に程近いその里の男が
  しるしを結ぶと聞いた日から立ってもいても
  だうしたらよいか分からず坐っていても見通しが
  つかず馴れ親しんだ我が家すら草を枕の旅に寝る
  やうで物を思ふ身は苦しいのに嘆く身は日々を過ご
  し難いのに一層天雲の如くゆらゆらと芦垣の如く
  乱れて物を思ひ乱れた麻糸を入れる器もないとて
  この恋の千分の一も人に知られず覚束なく恋する
  のであらうか 恋を命として

  比べやうがない恋をすると いつもの帯を三重に
  結ぶほどに我が身は痩せてしまった
 (中西進訳)
スポンサーサイト

君が行き(2)

万葉集 巻第二 相聞
磐姫皇后(いはのひめのおほきさき)の
天皇を思ひて作りませる御歌四首
02-0085

君が行き日長くなりぬ山たづね
  迎へか行かむ待ちにか待たむ

02-0086
かくばかり恋ひつつあらずは高山の
  磐根し枕きて死なましものを

02-0087
ありつつも君をば待たむ打ちなびく
  我が黒髪に霜の置くまでに

02-0088
秋の田の穂の上に霧らふ朝霞
  いづへの方に我が恋やまむ


磐姫皇后思天皇御作歌四首

君之行氣長成奴山多都祢 迎加将行待尓可将待

如此許戀乍不有者高山之 磐根四巻手死奈麻死物呼

在管裳君乎者将待打靡 吾黒髪尓霜乃置萬代日

秋田之穂上尓霧相朝霞 何時邊乃方二我戀将息


私はこの少し後にある以下の歌の方が 激しくて好きです
2-0090

君が行き日長くなりぬ山たづの
  迎へを行かむ待つには待たじ

妻恋ふ鹿

万葉集 巻第一
01-0084 秋去者今毛見如妻戀尓 鹿将鳴山曽高野原之宇倍

長皇子 志貴皇子と佐紀宮に倶に宴せる歌


秋さらば今も見るごと妻恋に
  鹿鳴かむ山そ高野原の上


     右の一首は長皇子


  秋になると 丁度ご覧のやうに 妻恋の鹿の鳴き声が
  響く山なんですよ この高野原の上は


長皇子は天武天皇の子供 志貴皇子は天智天皇の子供です
「佐紀宮に倶に宴せる」とあることから実景ではない
屏風に描いてある風景を見ながら室内で詠んだものだと
思ひます
杯を酌み交はしながら この人たちは すいすいと
このやうな歌を詠むことが出来たのですね
万葉集八十四首目のこの歌は巻第一の巻末にあたります


でもそんな立場の人がゴロゴロいた訳ではありません
庶民はこの人たちの所有物だったのですから
その中間にいたのは豪族でした
豪族は中間といふより もっと皇族に近かったでせうか
基本的人権 そんな言葉も存在しない時代だったのです

鬚の剃り杭

万葉集 巻第十六 由縁ある雑歌

  僧を戯れ嗤へる歌一首

16-3846 法師等之鬚乃剃杭馬繋 痛勿引曽僧半甘


法師らが鬚の剃り杭馬繋ぎ
  いたくな引きそ僧は泣かむ


坊主の剃り残した不精鬚に馬を繋いだら
手荒に引っ張るなよ 坊主が泣きべそかくから


  法師の報へたる歌一首

16-3847 檀越也然勿言五十戸長我 課役徴者汝毛半甘


壇越や然もな言ひそ里長が
  課役徴らば汝も泣かむ


檀家さんよ そんなひどいこと言ひなさんな
里の村長さんが労役の駆り出しに来なすったら
お主らも泣きべそかく身なんだから

続きを読む▽

黒き色を嗤ふ

万葉集 巻第十六 由縁ある雑歌

  土師宿禰水通の巨勢朝臣豊人等の
  黒き色を嗤咲へる歌一首

16-3844 烏玉之斐太乃大黒毎見 巨勢乃小黒之所念可聞


ぬば玉の斐太の大黒見るごとに
  巨勢の小黒し思ほゆるかも


真っ黒けの斐太の大黒見ると そのたびに
巨勢の小物の黒までが思ひ出されてくるよ


  巨勢朝臣豊人のこれを聞きて酬へ嗤へる歌一首

16-3845 造駒土師乃志婢麻呂白久有者 諾欲将有其黒色乎


駒造る土師の志婢麻呂白くあれば
  うべ欲しからむその黒色を


土の馬などを作っている土師の志婢麻呂
そいつは生白いもんだから ほんに欲しいことだらう
その黒い黒い色が

続きを読む▽

腋草を刈れ

万葉集 巻第十六 由縁ある雑歌

  或は云はく
  平群朝臣の嗤へる歌一首

16-3842 小兒等草者勿苅八穂蓼乎
       穂積乃阿曽我腋草乎可礼


小児ども草はな刈りそ八穂蓼を
  穂積の朝臣が腋草を刈れ


子供達よ草など刈らなくてよい
刈るなら八穂蓼を積むといふ穂積のおやじの
あの臭い腋草を刈れ


  穂積朝臣の和へたる歌一首

16-3843 何所曽真朱穿岳薦疊 平群乃阿曽我鼻上乎穿礼

いづくにそ真朱掘る丘薦畳
  平群の朝臣が鼻の上を掘れ


どこにあるんだ 真朱を掘る丘は
ほら そこの平群のおやじの赤鼻の上を掘るがいい


八穂蓼 = 穂積の枕詞・摘んだ後から次々と穂を出す蓼
腋草 = 腋臭(わきが)の臭さを「草」に掛け
  腋毛を「草」に見立てている
薦畳 = こもだたみ・平群の枕詞
朝臣 = あそ・ここでは官人を親しんで呼ぶ称

女餓鬼申さく

万葉集 巻第十六 由縁ある雑歌

  池田朝臣の大神朝臣奥守を嗤へる歌一首
    池田朝臣の名は亡失せり

16-3840 寺々之女餓鬼申久大神乃 男餓鬼被給而其子将播


寺々の女餓鬼申さく大神の
  男餓鬼賜りてその子産まはむ


あちこちの寺の女餓鬼が言ってるよ
あの大神(おほみわ)の男餓鬼を私に賜り そいつの子供を
どんどん産みたい とな


やせっぽちの奥守を男餓鬼に譬えて池田朝臣が之を
嗤(わら)った歌です
勿論 奥守も黙ってはいません

  大神朝臣奥守の報へ嗤へる歌一首

16-3841 寺々之女餓鬼申久大神乃 男餓鬼被給而其子将播


仏造る真朱足らずば水溜まる
  池田の朝臣が鼻の上を掘れ


仏様を造るのに必要な真朱(まそほ)が足りなければ
水の溜まる池 その池田のおやじの赤鼻の上を掘ればいい


真朱 = 「真」(ま)は美称
水溜まる = 池田の枕詞

雨も降らぬか

万葉集 巻第十六 由縁ある雑歌

16-3837 久堅之雨毛落奴可蓮荷尓 渟在水乃玉似有将見


ひさかたの雨も降らぬか蓮葉に
  渟れる水の玉に似たる見む


  右の歌一首は伝へて云はく 「右の兵衛なるものあり
  (姓名いまだ詳らかならず) 多く歌を作る芸を能くす
  時に府家に酒食を備へ設け府の官人等を饗宴す
  ここに饌食は盛るに皆荷葉を用ちてす 諸人酒酣に
  歌舞駱駅せり 乃ち兵衛なるものを誘ひて云はく
  『其の荷葉に関けて歌を作れ』といへれば登時声に
  応へてこの歌を作りき」といへり


あの空から雨でも降ってこないものかなぁ
蓮の葉っぱに溜った水が玉のやうにきらきら光るのが
見たいものだ


ひさかたの = 雨の枕詞
雨も降らぬか = 雨が降って欲しい(願望)
酒酣に = 酒たけなはに
駱駅 = らくえき・引き続くさま
登時 = すなはち

続きを読む▽

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。