スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

43番 権中納言敦忠

43番 権中納言敦忠
逢ひ見ての後の心にくらぶれば
  昔はものを思はざりけり


あなたにお逢ひして一夜を過ごした後の気持を考へると
お逢ひする前の気持なんか
まるで物想ひしてなかったかのようです
今はもう悶え苦しむほどあなたが愛しくて


逢ひ見ての後 = お逢ひして情を交はした後
昔 = 情を交はした日よりも前
ものを思ふ = 恋する切ない心の状態


藤原敦忠は左大臣時平の子。 三十六歌仙の一人。
38番 右近の項でも触れましたが「大和物語」には
右近の敦忠に対する歌が「忘らるる」より先に載っています


  過ぎにし言の葉
忘れじと頼めし人はありと聞く
いひし言の葉いづちいにけむ


「いつまでも心変りしない」と頼みに思はせて下さった方は
ご無事でおられると伺ひ聞いております
あの日の誓いのお言葉はどうなったのでせうか


大和物語には「忘れじと」と「忘らるる」の間に
右近から敦忠への歌がまだ二首あります


  栗駒山
栗駒の山に朝たつ雉りも
  かりにはあはじと思ひしものを


  わが守る床
思ふ人雨と降りくるものならば
  わがもる床はかへさざらまし


敦忠といふ人も相当罪な人だったのですね

2005.11.29 追記
先日テレビを見ていましたら偶然「小倉百人一首」に
関する番組が流れていました

その中で定家色紙なるものが放映されその色紙は
43番 権中納言敦忠の歌で朗詠を聞いていますと
「昔はものも思はざりけり」 でした 私は
「昔はものを思はざりけり」 と憶えていましたので
放映されている色紙をよく見ますと確かに「ものも」
と読めるではありませんか

念のためにと小倉百人一首全釈 著者 井上雄一郎
武蔵野書院(当ブログ表紙右列に掲載)を調べてみますと
なんとこれまた偶然 放映されていた色紙が掲載されて
いるではありませんか
私には「も」に見えるのですが「を」と読むのでせうか
2010.05.13 追記
拾遺集では「昔は物も」となっていたんですねぇ


この項 誤って削除してしまひました
バックアップから再掲しました

スポンサーサイト

100番 順徳院

ももしきや古き軒端のしのぶにも
  なほあまりある昔なりけり


宮中の荒れ果てた古い建物の軒に忍ぶ草が生えている
皇威の衰へはこの上なく如何に偲んでも
偲びつくせない程 隆盛であった昔が慕はしく
思はれるのです


ももしき = 百敷・百の石城(いしき)が元の意味
  大宮に掛かる枕詞 之を独立させて「大宮」
  「宮中」の意味に用いるやうになった
  ここでは後者の意


99番 後鳥羽院の第三皇子
父 後鳥羽院に協力して承久の乱を起こしたが
失敗して佐渡に配流された

藤原定家がこの親子の歌を百人一首の最後に載せて
百人一首を締めくくったのは何故
謎がいっぱいの百人一首 これでオシマイ

一枚札の「む」「す」「め」「ふ」「さ」「ほ」「せ」
憶えましたか?  これだけでも憶えますと
百人一首が楽しくなること請合いですよ

99番 後鳥羽院

人もをし人も恨めしあぢきなく
  世を思ふゆゑに物思ふ身は


世の中が昔と変って事毎に思ふにまかせないので
世の中を味気なく思ふにつけて
いろいろと物思ひに絶えない身には
とかく人を惜しくも思ひ
また恨めしくも思ったりする


をし = 「愛し」いとおしい「惜し」惜しむ の両方の意
あぢきなく = 味気なく・にがにがしい・面白くないの意
世を思ふ = この世をつまらなく思ふ


承久の乱を起こすも之に失敗し隠岐島に配流された
藤原定家ともいろいろな葛藤があったやうですが
それも私達にとっては「紅旗征戎非吾事」
といったところでせうか

98番 従二位家隆

風そよぐならの小川の夕暮は
  みそぎぞ夏のしるしなりける


楢の木の葉に風が吹き渡りっている奈良の小川の夕暮時は
涼しくて秋の訪れを思はせるやうであるが
この川で行はれている禊の行事だけが
まだ夏であることの証拠なのだなぁ


なら = 奈良・楢の掛詞

藤原家隆
新勅撰集に寛喜元年女御入内の屏風として出ているので
この詞書によって屏風歌であることが分かります
また 本歌は次の二首とされています


八代女王
みそぎするならの小川の河風に
  祈りぞわたる下に絶えじと


源頼綱
夏山の楢の葉そよぐ夕ぐれは
  今年も秋の心地こそすれ

97番 権中納言定家

こぬ人をまつほの浦の夕なぎに
  焼くやもしほの身もこがれつつ


待っても来ないあなたを 今来るかくるかと待っている私は
松帆の浦の夕凪時に海士が焼いている藻塩のやうに
あなたを慕って身も恋焦がれています


「待つ」と「松」は掛詞  「藻塩」と「こがれ」は縁語

藤原定家 小倉百人一首の撰者  83番 藤原俊成の子
この歌は定家の歌ですから待てど来ぬ女性を男性の立場で
詠ったものだとばかり思っていました
ところがこれは万葉集からの本歌取りであり
女性(海少女)の立場での歌であることが分かりました
然し本歌そのものは男性の立場で詠っています


笠朝臣金村
6-0935 
名寸隅の船瀬ゆ見ゆる淡路島
  松帆の浦に朝凪に 玉藻刈りつつ夕凪に
  藻塩焼きつつ海少女 ありとは聞けど見に行かむ
  縁のなければ大夫の 情は無しに手弱女の
  思ひたわみて徘徊り われはそ恋ふる船梶を無み

96番 入道前太政大臣

花さそふ嵐の庭の雪ならで
  ふりゆくものはわが身なりけり


嵐が花を誘って吹き散らしている庭は
まるで雪が振るに見へるけれど
降るものはあの花の雪ではなく
年々 年振る私の身であるなぁ


花さそふ嵐 = 桜の花を誘って吹き散らす嵐
雪ならで = 雪ではなくて
ふりゆくもの = 「雪が降る」と「年振る」を掛けている


藤原公経
この歌を詠んで ふと9番 小野小町の歌を連想するのは
私だけでせうか


小野小町
花の色はうつりにけりないたづらに
  わが身世にふるながめせしまに

95番 前大僧正慈円

おほけなくうき世の民におほふかな
  わがたつ杣に墨染の袖


私はこの比叡山に住んで墨染の袖で
世の中の人を蔽って安全を祈祷しているが
法徳の拙いこの身でこの事に当たるのは
誠に身分不相応なことだ


おほけなく = 身分不相応に
おほふかな = 墨染の袖を以って蔽ふことを感動的に表現
わがたつ杣 = 比叡山延暦寺の根本中堂の一名
墨染の袖 = 僧侶が着る衣


76番 藤原忠通の子
この歌の本歌とされる歌は


新古今集 巻第二十 釈教歌
比叡山中堂建立の時歌 伝教大師
阿耨多羅三藐三菩提の仏たち
わが立つ杣に冥加あらせ給へ

94番 参議雅経

み吉野の山の秋風さ夜ふけて
  ふるさと寒く衣うつなり


吉野山の秋風が寂しげに吹いて夜も更けてきたが
折しも この古都の里人が打つ砧の音が
寒々と聞こへてくるよ


み吉野 = 「み」は美称の接頭語
さ夜 = 「さ」も美称の接頭語
ふるさと = ここでは古都・旧都の意 即ち吉野を指す
衣打つ = 砧(きぬた)打つ・布を槌で打って柔らかくする


藤原雅経
「寒く」は「ふるさと」「衣うつ」の両方に掛かる
衣打つ = 砧打つ を知らなかった頃の私は
衣を打っているのは秋風だとばかり思っていました

この歌は新古今集に「擣衣の心を」として出ています
本歌は坂上是則の


み吉野の山の白雪積もるらし
ふる里寒くなりまさるなり

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。