スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狩の使(3)

伊勢物語 (六十九段)
昨夜のはかない逢瀬を今夜こそと思って狩に出かけたが
気もそぞろに待ちわびた  しかし国の守の酒宴が夜通し
催されて二人だけの逢瀬はなかった  夜もいよいよ明け
別れの時が近づいたので あわただしく歌の唱和を交した
だけで次の尾張の国へと旅立ったのでした

  つとめて いぶかしけれど わが人をやるべきにし
  あらねば いと心もとなくて待ち居れば明けはなれて
  しばしあるに女のもとより ことばはなくて


君や来し我や行きけむおもほえず
  夢か現か寝てかさめてか


  男いといたう泣きてよめる


かきくらす心の闇にまどひにき
  夢うつつとは今宵定めよ


  とよみてやりて狩に出でぬ  野にありけど心は空にて
  今宵だに人しづめて いととく逢はむと思ふに
  国の守 斎宮のかみかけたる狩の使ありと聞きて
  夜ひと夜酒飲みしければ もはらあひごともえせで
  明けば尾張の国へ立ちなむとすれば男も人知れず
  血の涙を流せど え逢はず (続)

続きを読む▽

スポンサーサイト

狩の使(2)

伊勢物語 (六十九段)
  女もはた いと逢はじとも思へらず されど人目しげ
  ければ え逢はず  使ざねとある人なれば
  遠くも宿さず  女の閨ちかくありければ女 人を
  しづめて子一つばかりに男のもとに来たりけり
  男はた寝られざりければ外のかたを見出だして臥せるに
  月のおぼろなるに小さき童を先に立てて人立てり
  男いとうれしくて わが寝る所に率て入りて
  子一つより丑三つまであるに まだ何ごとも語らはぬに
  帰りにけり 男いとかなしくて寝ずなりにけり (続)

女もはた = 斎宮の方もまた
いと逢はじ = 決して逢ふまい  思へらず = 思っていない
人目しげければ = 人の見る目が多かったので
え逢はず = 容易に逢へなかった  使ざね = 正使
人をしづめて = 人を寝しづめて
子一つばかり = 午後十一時頃  外のかた = 外の方
見出だして臥せるに = 見ながら横になていると
小さき童 = 斎宮付きの召使の少女
率て入りて = 連れて入って  丑三つ = 午前二時頃
語らはぬ = 語り合ふ・男女が愛を契るの意 「ぬ」は否定


長い語りですねぇ いよいよ明日は歌が出てきます

狩の使

伊勢物語 (六十九段)
業平の恋と言へば二条の后 藤原高子 そしてこの伊勢斎宮
恬子内親王の話を省くわけには参りません
歌の前の語りもかなり長くなりますが敢へて全文を
掲載したひと思ひます

男が狩の使となって伊勢におもむいた  斎宮の母親の
言伝があったので男を大切にもてなしているうちに
お互に愛が芽生へ斎宮は人目を忍んで男の部屋を訪れたが
何一つ話もしないうちに夜も明け方近くなったので
帰ってしまった (続)

  むかし男有けり その男 伊勢の国に狩の使に
  いきけるに かの伊勢の斎宮なりける人の親
 「常の使よりは この人よくいたはれ」といひやれり
  ければ 親の言なりければ いとねむごろにいたはりけり
  あしたには狩にいだしたててやり 夕さりは帰りつつ
  そこに来させけり  かくてねむごろにいたづきけり
  二日といふ夜 男「われて逢はむ」といふ (続)


狩の使 = 鷹狩の勅使
伊勢の斎宮 = 伊勢神宮に奉仕した未婚の内親王または王女
親 = 斎宮は恬子 母親は紀名虎の女(静子)
いたはれ = 大切にしなさい・ねぎらひなさい
いひやれり = 手紙や使者を通じて言ってやる
ねむごろに = 丁寧に・心の深くこもった態度についていふ
夕さりは帰りつつ = 夕方には帰って来ると(すぐに)
そこに来させけり = 斎宮の邸に来させた
いたづきけり = 世話をした・いたはった
二日といふ夜 = 斎宮の所に泊って二日目の夜
われて逢はむ = ぜひとも逢ひたい・「逢ふ」は男女の契り

姉歯の松(2)

伊勢物語 (十四段)
  夜深く出でにければ女


夜も明けばきつにはめなでくたかけの
  まだきに鳴きてせなをやりつる


  といへるに 男「京へなむまかる」とて


栗原のあねはの松の人ならば
  都のつとにいざといはましを


  といへりければ
  よろこぼひて「思ひけらし」とぞいひをりける


夜が明けたらあの鶏め水槽にぶち込んでやる
鶏め 早すぎる時刻に鳴いてあの人を帰らせてしまった


栗原の姉歯の松が人であるなら都への土産に
「さぁ一緒に」と言ひたいところですが・・
  (あなたはこの地を離れられない姉歯の松)

続きを読む▽

姉歯の松

伊勢物語 (十四段)
  むかし男みちの国にすずろに行きいたりにけり
  そこなる女 京の人はめづらかにやおぼえけむ
  切に思へる心なむありける  さて かの女


なかなかに恋に死なずは桑子にぞ
  なるべかりける玉の緒ばかり


  歌さへぞひなびたりける
  さすがにあはれとや思ひけむ いきて寝にけり (続)


なまじ恋に焦がれて死ぬよりも たとへ短い間の命でも
夫婦仲が良いと言はれている蚕になりたい


みちの国 = 陸奥の国  すずろに = あてもなく
そこなる女 = その土地に住む女
切に思へる心 = ひたすら思ひを寄せる心  桑子 = 蚕
玉の緒 = 玉を連ねる緒・命の意・玉の間に少ししか
  見えないので短い命の意
歌さへぞ = 人柄は勿論のこと歌までも
ひなび = 田舎風

老いらく

伊勢物語 (九十七段)
  むかし堀河のおほいまうちぎみと申すいまそかりけり
  四十の賀 九条の家にてせられける日
  中将なりける翁

さくら花散り交ひ曇れ老いらくの
  来むといふなる道まがふがに


桜花よ 入り乱れ散って空を曇らせておくれ
老がやってくるといふ道が分からなくなるやうに


堀河のおほいまうちぎみ = 堀河の大臣・藤原基経
  二条の后(高子)の兄
いまそかりけり = いらっしゃった・「いる」の尊敬語
中将なりける翁 = 業平を指す


古今集 巻第七 賀歌 には次のやうにある

  堀河のおほいまうちぎみの四十の賀
  九条の家にてしける時によめる  在原業平朝臣


桜花散りかひ曇れ老いらくの
  来むといふなる路まがふがに

宮城野の露

源氏物語 桐壺
 「ほど経ばすこしうち紛るることもやと 待ち過ぐす
  月日に添へて いと忍びがたきはわりなきわざになむ
  いはけなき人をいかにと思ひやりつつ もろともに
  はぐくまぬおぼつかなさを今なほ昔の形見に
  なずらへて ものしたまへ」
など こまやかに書かせたまへり


宮城野の露吹きむすぶ風の音に
  小萩がもとを思ひこそやれ


宮中に吹く秋風の音を聞くにつけても涙して
子供(若宮)のことが気になり案じております


桐壺更衣が亡くなった後 帝が更衣の母へ文と共に送った歌
更衣の母は涙にむせ最後まで読めなかった
(え見たまひ果てず)

古今集には (読人知らず)


宮木野の本荒の小萩露を重み
  風をまつごと君をこそ待て

隠りのみ恋ふ

万葉集 巻第十六
16-3803 隠耳戀者辛苦山葉従 出來月之顯者如何

  昔 男と美しき女と有りき(姓名は未だ詳らかならず)
  二の親に告げずして竊に交接を為せり
  時に娘子のに親に知らせむと欲す
  因りて歌詠を作り其の夫に送り与へたる歌に曰く


隠りのみ恋ふれば苦し山の端ゆ
  出で来る月の顕さば如何に


  右は或は「男に答ふる歌あり」と云へるも未だ
  探り求むることを得ず


人目を忍んで恋ひ焦がれてばかりいるのは苦しくて
なりません  山の端から顔を出す月のやうに
そろそろ表立て はっきりさせては如何でせうか


万葉集 巻第十 夏の相聞
10-1992 隠耳戀者苦瞿麦之 花尓開出与朝旦将見

隠りのみ恋ふれば苦し撫子の
  花に咲き出よ朝な朝な見む


隠れてする職場恋愛 これは楽しい? それとも苦しい?

三人の男

万葉集 巻第十六の目録より
 三の男の共に一の女を娉ひしに娘子の嘆息きて水底に
 沈没みし時に哀傷に勝へず各々心を陳べて作れる歌三首

16-3789 足曳之山縵之兒今日徃跡 吾尓告世婆還來麻之乎


あしひきの山縵の子今日往くと
  我に告げせば還り来ましを


山の日陰の縵 その名を持つ縵児よ
今日が死出の旅立ちと私にだけほのめかしてくれたなら
あなたのところへ飛んで帰って来たのに


この歌には次のような序詞があります

  或は曰く昔三の男ありき同に一の女を娉ふ
  娘子 嘆息きて曰く「一の女の身の滅易きこと露の如く
  三の雄の志の平び難きこと石の如し」といふ
  遂にすなはち池の上に彷徨り水底に沈没みき
  時にその壮士等 哀頽の至に勝へずして各々所心を
  陳べて作れる歌三首 (娘子 字を縵兒と曰ふ)

続きを読む▽

二人の男

万葉集 巻第十六の目録より
  二人の男の娘子を誂ふるに遂に男に適はむことを嫌ひ
  林の中に入りて死りし時に各々心緒を陳べて作れる歌

16-3786 春去者挿頭尓将為跡我念之 櫻花者散去流香聞

春さらば挿頭にせむと我が思ひし
  桜の花は散りにけるかも
  

春が巡って来たら挿頭(かざし)にせうと心に決めて
いたあの桜の花は散ってしまった
  桜児の名を持つ娘子を妻にせむと心に決めていたのに
  死んでしまったよなぁ


この歌には次のような序詞があります

  昔娘子有りけり 字をば櫻兒と曰ふ
  時に二の壮子有りて共に此の娘を誂ふ  生を捐てて
  格競ひ死を貪りて相敵みたりき  ここに娘子なげき
  けらく「古よりこの方 一の女の身 二の門に
  往適くといふことを聞かず  方今 壮子の意
  和平び難し  妾死りて相害ふこと永に息めなむには
  如かじ」 といひて すなはち林に尋入りて 樹に
  懸がり経き死にき  両の壮子 哀慟血泣に敢へず
  各心緒を陳べてよめる歌二首

続きを読む▽

味真野

万葉集 巻第十五 娘子の作れる歌
15-3770 安治麻野尓屋杼礼流君我可反里許武
      等伎能牟可倍乎伊都等可麻多武

味真野に宿れる君が帰り来む
  時の迎へをいつとか待たむ


遠い遠い越前国の味真野にいらっしゃるあなた
あなたがお帰へりになる日 私は喜びにふるへて
あなたをお迎へしませうに
いったいその日をいつとしてお待ちすればよいのでせう


時の迎へを = お帰りになるその日のお迎へを

狭野茅上娘子が流罪の地 味真野にいる中臣宅守を
偲んで詠んだ歌
万葉巻 巻第十五には次のやうにあります

  中臣朝臣宅守の蔵部の女嬬狭野茅上娘子を娶きし時
  勅して流罪に断じて越前国に配しき
  ここに夫婦の別れ易く会ひ難きを相嘆き各々慟む情を
  陳べて贈答せる歌六十三首


【味真野】(福井県) 古くは今立郡味真野村 (武生駅まで約2里)
 昭和31年 武生市に編入 平成16年 越前市味真野町

真木の板戸

万葉集 巻第十四
14-3467 於久夜麻能真木乃伊多度乎等杼登之弖
       和我比良可武尓伊利伎弖奈左祢

奥山の真木の板戸をとどとして
  我が開かむに入り来て寝さね


板戸をガタゴトと押して私が開けますから
中に入って一緒に寝て下さいね


奥山の = 真木の枕詞
とどとして = とどと押て・「とど」建具のきしむ音
寝さね = 「寝(な)す」は「寝る」の敬語 「ね」は希望


何て明るい歌なんでせうね
これほど明るい相聞歌に接することは滅多にありません
少しも飾ることなく単刀直入に詠っています

「真木の板戸」は巻第十一にも二首 ↓ ありますが
この明るさには とても敵ひません

続きを読む▽

桐壺更衣

源氏物語 桐壺
いづれの御時にか女御 更衣あまたさぶらひたまひける
なかに いとやむごとなき際にはあらぬが
すぐれてときめきたまふありけり (略)

限りとて別るる道の悲しきに
  いかまほしきは命なりけり


定めある命だと思ってお別れする死出の道の
悲しさにつけても 死出の道を行くのではなく
生きていたいものです


源氏物語に出てくる最初の歌です
この歌を詠まれて間もなくお亡くなりになりました
桐壺更衣は「源氏物語」の主人公「光源氏」の母

えびす心

伊勢物語 (十五段)
 むかし みちの国にて なでふ事なき人の妻に通ひけるに
 あやしうさやうにてあるべき女ともあらず見えければ

しのぶ山忍びて通ふ道もがな
  人の心のおくも見るべく


 女かぎりなくめでたしと思へど
 さるさがなきえびす心を見ては いかがはせむは

人知れず通ふ道が欲しいものです
あなたの心の奥まで見ることが出るやうに


みちの国 = 陸奥
なでふ事なき人 = 格別取り得もない人
あやしう = 納得がゆかない
さやうにてあるべき = あのやうな境遇にいるべき
見えければ = 男にはさう見へたので
しのぶ山 = 「忍びて」の序詞
女かぎりなくめでたしと = 女の方は
  「これは素晴らしい」と
さるさがなき = そんな見苦しい
えびす心 = 田舎者の心
いかがはせむは = 一体だうしたらよいものか


作者は田舎者には何故か冷たい
田舎者が「雅(みやび)」を解せないからでせうか

在原なりける男(4)

伊勢物語 (六十五段)
とは言へ女はただ蔵の中で泣くだけで男に逢ふことは
出来ない  男はやむなく都の外に戻り寂しく笛を
吹きすさび歩きまわるだけで二人は再び相まみれることも
なく終ってしまふ


  かかればこの女は蔵に籠りながら それにぞあなる
  とは聞けど あひ見るべきにもあらでなむありける

さりともと思ふらむこそ悲しけれ
  あるにもあらぬ身を知らずして


  と思ひをり  男は女し逢はねば かくしありきつつ
  人の国に歩きてかくうたふ

いたづらに行ては来ぬるものゆゑに
  見まくほしさに誘はれつつ


  水尾の御時なるべし 大御息所も染殿の后なり
  五条の后とも

今こんなになっている私に何時かは逢へると あの人が
思っているのが悲しいわ
このやうに 生きているとさへ言へないやうな私のことを
ご存知なくて


ただ徒に行っては帰ってくるだけのものだから
尚更逢ひたさに誘はれて また行っては空しく帰って
くることになるのです

続きを読む▽

在原なりける男(3)

伊勢物語 (六十五段)
帝と男との愛に悩んでいる頃 二人の恋がつひに帝の耳に
入るところとなり男は都の外へ流罪追放となり女は従姉の
家の蔵の中に閉じ込められる 男は夜な夜な地方より女に
逢ひたさに笛を吹き歌を詠って それとなく知らせる (続)


  この帝は顔かたちよくおはしまして仏の御名を御心に
  いれて御声はいとたふとくて申し給ふを聞きて女は
  いたう泣きけり 「かかる君に仕うまつらで
  宿世つたなく悲しきこと この男にほだされて」
  とてなむ泣きける かゝるほどに帝聞こし召しつけて
  この男をば流しつかはしてければ この女のいとこの
  御息所 女をばまかでさせて蔵に籠めてしおり給ふ
  ければ蔵にこもりて泣く

海人の刈る藻にすむ虫のわれからと
  音をこそなかめ世をばうらみじ


  と泣きをれば この男 人の国より夜ごとに来つつ
  笛をいとおもしろく吹きて声はをかしうてぞ
  あはれに歌ひける (続)

続きを読む▽

在原なりける男(2)

伊勢物語 (六十五段)
ところが男は却って好都合と通ひ出し多くの人の笑い種と
なった  男もあまりの妄執に反省し神仏に祈るが
思ひは却ってつのる一方であった
それは神さへも手のつけやうのない激しい恋であった(続)


  されば何のよきことと思ひて いき通ひければ
  皆人聞きて笑ひけり  つとめて主殿司の見るに
  沓はとりて奥に投げ入れてのぼりぬ
  かくかたはにしつつありわたるに身もいたづらに
  なりぬべければ つひに亡びぬべしとて このおとこ
  「いかにせむ わがかかる心やめたまへ」と仏神にも
  申しけれど いやまさりにのみおぼえつつ
  猶わりなく恋しうのみおぼえければ 陰陽師 巫よびて
  恋せじといふ祓の具してなむいきける
  祓へけるままに いとど悲しきこと数まさりて
  ありしよりけに恋しくのみおぼえければ

恋せじと御手洗河にせし禊
  神はうけずもなりにけるかな


  といひてなむ去にける (続)

続きを読む▽

在原なりける男

伊勢物語 (六十五段)
天皇から寵愛されていた女の情を受けて以来 少年時代の
男(業平)は恋に目覚め ただひたすら女のもとに
人目はばからず つきまとった  これが帝の耳に
入っては大変と 女は里に下がった (続)


  むかし おほやけおぼして使う給ふ女の
  色 許されたるありけり
  大御息所とて いますがりけるいとこなりけり
  殿上にさぶらひける在原なりける男の
  まだいと若かりけるを この女あひ知りたりけり
  男 女がた ゆるされたりければ 女のあるところに
  来て向かひ居りければ女「いとかたはなり
  身も亡びなむ かくなせそ」といひければ

思ふには忍ぶることぞ負けにれる
  逢ふにしかへば さもあらばあれ


  といひて曹司におり給へれば例のこの御曹司には
  人の見るをも知らでのぼりゐければ
  この女 思ひわびて里へ行く (続)

続きを読む▽

玉ならば

万葉集 巻第四
大伴坂上大嬢の大伴宿禰家持に贈れる歌
4-0729 玉有者手二母将巻乎欝瞻乃 世人有者手二巻難石


玉ならば手にも巻かむをうつせみの
  世の人なれば手に巻きがたし


あなたが玉ならば手に巻きつけて離すまいに
生身の人ですから手に巻くこともできません


4-0730 将相夜者何時将有乎何如為常香 彼夕相而事之繁裳


逢はむ夜はいつもあらむを何すとか
  その宵逢ひて言の繁きも


お逢ひ出来る夜は他にもあったでせうに
だうして又あの夜なんかにお逢ひして
こんなにうるさい噂の種になってしまったのでせう

続きを読む▽

人も無き国

万葉集 巻第四
大伴宿禰家持の坂上家の大嬢に贈れる歌
4-0728 人毛無國母有粳吾妹児与 携行而副而将座


人も無き国もあらぬか我妹子と
携さひ行きて副ひてをらむ


誰も他人のいない国はないものかなぁ
あなたと手を取り合って行って ずぅっと一緒にいたい


国もあらぬか = 願望

ふと連想するのは 高橋真梨子の 「ごめんね」
  ・・・連れて行って 別れのない国へ

この二人は結局結ばれたのですから めでたし めでたし

贈答戯歌

万葉集 巻第四 娘子の佐伯宿禰赤麻呂に報へ贈れる歌
4-0627 吾手本将巻跡念牟大夫者 變水定白髪生二有

我がたもとまかむと思はむ大夫は
  おち水求め白髪生ひにたり


私の腕を枕に寝たいなどと思ふ大夫は
若返りの水でも探していらっしゃい
頭に白髪が混ってますよ


大夫 = ますらを・男らしい男(初老の相手に対する皮肉)
おちみず = 變水・伝説上の若返りの水・不老長寿の水


巻第四 佐伯宿禰赤麻呂の和へたる歌
4-0628 白髪生流事者不念變水者 鹿煮藻闕二毛求而将行

白髪生ふることは思はずおち水は
  かにもかくにも求めて行かむ


白髪が生へるのは一向に平気ですよ
でもあなたが さう言ふのなら とにかく若返りの水を
探しに出かけますが ほんとにいいのですか?


嫌味を言い合ったり皮肉を言ったり冗談を言い合う
それを歌でやりとりするって楽しいとは思ひませんか?

からかひ

万葉集 巻第四 大伴坂上郎女の歌
4-0585 出而将去時之波将有乎故 妻戀為乍立而可去哉

出でて去なむ時しはあらむをことさらに
  妻恋しつつ立ちて去ぬべしや


帰って行かれる潮時はいつでもありませうに
何もわざわざ奥さんが恋しいからと言って
立って行かなくてもいいでしょっ!


帰らうとする殿方をからかっているのですね
殿方は家持だったのでせうか


巻第四 笠女郎の大伴宿禰家持に贈れる歌
4-0590 荒玉年之經去者今師波登 勤与吾背子吾名告為莫

あらたまの年の経ぬれば今しはと
  ゆめよわが背子わが名告らすな


年もたったことだし今ならもういいだらうなどと
滅多なことで私の名前を口外しないでねっ!

白髪

万葉集 巻第四 大伴坂上郎女の歌
4-0563 黒髪二白髪交至耆 如是有戀庭未相尓

黒髪に白髪交り老ゆるまで
  かかる恋には未だ逢はなくに


黒髪に白髪が交るこの老年になるまで これほど激しい
恋には逢ったことがありません


老人の恋をテーマとした一連の恋の歌の中で
この歌は老女の恋の形で詠んだものです
老人の恋の歌は沢山ありますが その多くは遊び歌
戯れ歌であったとされています
実際に老人の恋であっても現代の感覚での老人ではなく
この時代 四十代にもなれば 老人といふ感じだったのでは
ないでせうか

つくも髪(2)

伊勢物語 (六十三段)
女はたまらず男の家に行って垣間見るのを男は見つけて
もう一度訪れてやらうとした  女は喜び慌てて家に戻り
男を待つ気持を歌に詠むと 男はあわれに感じてその夜は
女のもとに泊まり心から女に接した


 さてのち男 見えざりければ女 男の家に行きて
 垣間みけるを 男ほのかに見て

百年に一年たらぬつくも髪
  我を恋ふらし面影に見ゆ


 とて出でたつ気色を見て うばらからたちにかかりて
 家に来てうちふせり 男かの女のせしやうに忍びて
 立てりて見れば女 嘆きて寝とて

さむしろに衣かたしきこよひもや
  恋しき人にあはでのみ寝む


 とよみけるを男あはれと思ひてその夜は寝にけり
 世の中の例として思ふをば思ひ 思はぬをば思はぬ物を
 この人は思ふをも思はぬをも けぢめ見せぬ心なむ
 ありける

続きを読む▽

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。