スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(九段)その二

伊勢物語(九段)その二

  行き行きて駿河の国にいたりぬ。宇津の山にいたりて
  わが入らむとする道はいと暗う細きに つたかえでは
  茂り 物心ぼそく すずろなるめを見ることと思ふに
  修行者あひたり。「かかる道はいかでかいまする」と
  いふを見れば 見し人なりけり。京に その人の御もと
  にとて 文書きてつく

駿河なる宇津の山辺のうつつにも
  夢にも人に逢はぬなりけり


  富士の山を見れば五月のつごもりに雪いと白う降れり

時知らぬ山は富士の嶺いつとてか
  鹿の子まだらに雪の降るらむ


  その山は ここにたとへば 比叡の山を二十ばかり重ね
  あげたらむほどして なりは塩尻のやうになむありける

旅を続けて駿河の国に着いた。宇津の山まで来て これから
自分達が入らうとする道は暗くて細い上に蔦や楓まで茂って
なんとなく心細く とんでもなくひどいめにあふものだと
思っていると修行者に逢った「こんな遠いところにだうして
いらっしゃるのですか」といふのを見ますと かねて都で
見知った人であった。都の恋人のもとに手紙を書いて託した


都を離れて今 駿河の国にある宇津の山辺に差し掛って
いますが その山の名の如く 現実には あなたに逢ふこと
が出来ず せめてもの頼みとしている夢の中でさへ
あなたに逢ふことが出来ません
あなたはもう私のことなど忘れてしまったのでせうね


富士の山を見ると 五月の末だといふのに雪がたいそう白く
降り積っている


時節も心得ない山は富士の嶺だ
一体今をいつだと思って あのやうに
鹿の子まだらに雪が降るのであらうか


その山は京都に例をとるなら比叡の山を二十ほど重ね上げた
であらうほどの高さで 形は塩尻のやうであったよ

いと暗う細き = 山道は細く草木が生茂っているので暗い
すずろなるめを見る = 思ひもよらず ひどい目にあふ
修行者あひたり = 修行者がやって来るのに出会った
かかる道 = このやうに寂しく荒れ果てた山道
いかでかいまする = だうしてこんな所にいらっしゃるのですか
つく = 託す・ことづける
宇津の山べ = 「うつつ」の序詞
つごもり = 月の末の日
時知らぬ = 時節をわきまへない
ここにたとへば = この都の山にたとへれば
  「ここ」 この物語の作者は都にいる
二十 = はたち(年齢のことではない)
なり = 姿・格好・山容
塩尻 = 製塩のため砂を山の形に積み上げたもの
スポンサーサイト

伊勢物語(九段)その一

伊勢物語(九段)その一
  むかし男ありけり。その男 身を要なきものに思ひなし
  て 京にはあらじ 東かたに住むべき国求めに とて行き
  けり。もとより友とする人 ひとりふたりしていきけり
  道知れる人もなくて まどひいきけり。三河の国 八橋
  といふ所にいたりぬ。そこを八橋といひけるは 水ゆく
  河のくもでなれば 橋を八つわたせるによりてなむ
  八橋といひける。その沢のほとりの木のかげに下り居て
  かれいひ食ひけり。その沢にかきつばたいとおもしろく
  咲きたり。それを見て ある人のいはく
  「かきつばたといふ五文字を句のかみにすゑて 旅の心
  をよめ」といひければ よめる。

唐衣きつつなれにしつましあれば
  はるばるきぬる旅をしぞ思ふ


  とよめりければ 皆人、乾飯のうへに涙落してほとびにけり。

自分を値打ちのないものと思ひ込んだ男が 京の都にはおる
まい 東国の方に安住の地を求めやうと以前からの友人一人
二人と行った。 道を知っている者もいないので迷ひながら
行った。 三河の国の八橋とといふ所にたどり着いた。
そこを八橋と名づけた理由は 水が蜘蛛の足のやうに八方に
流れ分かれているので橋を八つ渡してあったからである。
その沢のほとりの木陰におりて座り乾飯を食べた。
その沢には折しも杜若がとても趣深く咲き誇っていた。
それを見て友人の一人が言ふには「かきつばた といふ五文
字を句の頭に使って 旅の心を歌に詠め」と言ったので男は


  か  唐衣
  き  着つつなれにし
  つ  妻しあれば
  ば  はるばる来ぬる
  た  旅をしぞ思ふ

着慣れた からころも のやうに添ひ慣れた妻は遠く離れた
京の都にいる
私は はるばるとこんな遠い所までだびをして来たんだなぁ


と詠んだので 一同は皆 乾飯の上に涙を落し 乾飯が涙で
ほとびてしまった

要(えう)なきもの = 用のないもの・無用のもの
京にはあらじ = 京には居れない・居るべきではない
とて = といふことで
友 = 下男?かも
三河の国 八橋 = 愛知県・知立市
乾飯 = ほしいひ・かれいひ
から衣 = 唐衣・「から」は美称・着るの枕詞
なれにし = 着慣れた(衣)・親しく慣れた(妻)
つましあれば = 褄と妻の掛詞
はるばる = 遥かと張るの掛詞
ほとびにけり = ほとびる・ふやける

折句といへば「かきつばた」はその代表作
この歌は 2005/09/05 在原業平朝臣 にも掲載してあります

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。