スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(二十四段)

伊勢物語(二十四段)
  むかし男 片田舎に住みけり 男 宮仕へしにとて
  別れ惜しみてゆきにけるままに 三年来ざりければ
  待ちわびたりけるに いとねむごろにいひける人に
  今宵逢はむとちぎりたりけるに この男 来たりけり
  この戸あけたまへ とたたきけれど あけで歌をなむ
  よみて出したりける

あらたまの年の三年を待ちわびて
  ただ今宵こそ 新枕すれ


  といひ出したりければ

梓弓ま弓槻弓年を経て
  わがせしがごとうるはしみせよ


  といひて去なむとしければ女

梓弓引けど引かねど昔より
  心は君によりにし物を


  といひけれど おとこかへりにけり
  女いとかなしくて後にたちて 追ひゆけど
  え追ひつかで清水のある所に伏しにけり
  そこなりける岩に およびの血して書きつけける

あひ思はで離れぬる人をとどめかね
  わが身は今ぞ消えはてぬめる


  と書きて そこにいたづらになりにけり

むかしある男がさる女と片田舎に住んでいた
男は(稼ぐために)宮仕へしに行くと言って 女と別れを
惜しんで 都へ行ったまま三年も帰つて来なかったので
女は待ち侘びていたところ とても熱心に言ひ寄ってきた男
と「今夜結婚しゃう」と約束した丁度その折に この男が
帰って来た 「この戸を開けておくれ 私だよ」と戸を叩い
たけれど 女は開けないで 歌だけ詠んで差し出した


三年もの間あなたを待ち侘びて ちょうど今夜
他の男と初めて枕を交はすことになっているんです


と言ってやったので男は

幾多の年月 私があなたを愛して来たやうに
今度の相手と仲睦じく暮らして下さいね


と言って去って行かうとしたので女は

あなたが私を愛してくれやうと くれまいと かまひません
私はただ一途にあなたに心を寄せて来たのですから


と言って引き止めたが男は帰つてしまった
女はひどく悲しくなって男のすぐ後から追ひかけて行った
けど追ひつくことが出来ないで清水にある所に倒れ伏して
しまった そしてそこにあった岩に指の血で歌を書きつけた


私がこんなに思っているのにその思ひが通はないで
離れ去っていく人を引止められず 悲しさのあまり
私の身は今にもすっかり消へてしまひさうです


と書いて その場所で死んでしまった

いとねむごろにいひける人 = 親切に言ひ寄って来た男
今宵逢はむとちぎりたりけるに = 今夜結婚しませうと
  言ひ交し約束した丁度その時に
このおとこ来たりけり = 前の男
この戸あけたまへ = 前の男の言葉
あけで = (女は)開けないで
新枕 = にひまくら 初めて枕を交す・結婚の初夜
梓弓 ま弓 槻(つき)弓 = 色んな弓があるやうに
  数々の年月を経て来た・・の意
わがせしがごと = 私があなたを愛して来たやうに
うるはしみせよ = 仲睦じく暮らしなさい
後にたちて = しりにたちて・あとについて
え追ひつかで = 追ひつくことが出来なくて
清水に = 清水の湧く所で倒れ伏してしまった
およびの血して = 指の血で
消えはてぬめる = 死んでしまひさうだ
いたづらになりにけり = むなしくなってしまった
  はかなくなってしまった
  ここでは「死んでしまった」の意

宮仕へのため都へ行ったまま帰って来ない男を三年もの間
待ちあぐんだ女は他の男とある夜 初めて枕を交はすことに
なった折しも その日に男が帰って来た
女はその間の事情を告げると男は女の立場を思って
立ち去る  女は男がいとしくなり その後を追ふが
清水のほとりで倒れ伏して死んでしまった

伊勢物語の中で一番の悲恋かもしれませんね
スポンサーサイト

伊勢物語(二十三段)その三

伊勢物語(二十三段)その三
  まれまれかの高安に来て見れば はじめこそ心にくくも
  つくりけれ 今はうちとけて手づからいひがひとりて
  笥子のうつは物に盛りけるを見て 心うがりて
  いかずなりにけり
  さりければ かの女 大和の方を見やりて

君があたり見つつを居らむ生駒山
  雲なかくしそ雨は降るとも


  といひて見いだすに からうじて 大和人来む といへり
  よろこびて待つに たびたび過ぎぬれば

君来むといひし夜ごとに過ぎぬれば
  頼まぬものの恋ひつつぞふる


  といひけれど をとこ住まずなりにけり

時たま男が高安の女のもとに来ると 女は通ひ始めた頃こそ
奥ゆかしくよそおっていたが 今は気をゆるして 自ら
しゃもじを取って(今でいふ)茶碗にご飯を盛るのを見て
嫌気がさし男はこの女のもとに通はなくなってしまった
さういふ訳であったので高安の女は男のいる大和の方を見て


あなたが住む大和の方を見ていやう
だから雲よ だうか生駒山を隠さないでおくれ
たとへ雨は降っても


と言って外の方を見ていると やっとのことで大和の男から
「その内に行かう」と言って来たので喜んで待っていたが
その度ごとに女のもとには来ないまま過ぎてしまったので


あなたが来ると言った夜毎に心待ちしていましたのに
立ち寄らず行かれてしまったので もう当てには
ならないと思ひながら やはりあなたを恋ひ慕ひ続けて
日を送っています


と詠んだけれど 男は通って来なくなってしまった

心にくく = 奥ゆかしく  つくりけれ = 繕っていたが
いひがひ = 飯匙 ご飯をよそふしゃもじ
笥子 = 笥は飯椀 子は接尾語
心うがりて = 心憂がりて いや気がさして
生駒山 = 河内と大和の間にある山
見いだす = 中から外の方を見やる
来むといへり = 「そのうち行かう」と言った
たびたび過ぎぬれば = 男は河内の方にやって来ても
  その度に女のもとに立ち寄らず行ってしまったので
住まずなりにけり = 共に夫婦生活をしないの意
  男が通って来なくなった

伊勢物語の作者は このやうなセンスのない田舎女は大嫌ひ
手づからいひがひとりて・・・
  これでは百年の恋も・・

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。