スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(三十九段)

伊勢物語(三十九段)
  むかし西院の帝と申す帝おはしましけり
  その帝のみこ 崇子と申すいまそかりけり
  そのみこ うせ給ひて御はふりの夜その宮の
  隣なりける男 御はふり見むとて女車にあひ乗りて
  出でたりけり いと久しう率ていで奉らず
  うち泣きて止みぬべかりける間に天の下の色好み
  源の至といふ人これももの見るに この車を女車と見て
  寄り来て とかくなまめく間に かの至 蛍をとりて
  女の車に入れたりけるを 車なりける人
   この蛍のともす火にや見ゆらむ ともし消ちなむずる
  とて乗れる男のよめる

出でて去なば限りなるべみともし消ち
  年経ぬるかと泣く声を聞け


  かの至 返し

いとあはれ泣くぞ聞ゆるともし消ち
  消ゆる物とも我は知らずな


  天の下の色好みの歌にては なほぞありける
  至は順がおほぢなり  みこのほいなし

昔 西院の帝と申し上げる天皇がおいでになった
その帝の皇女に崇子と申しあげる方がいらっしゃった
その皇女がお亡くなりになってご葬送の夜 その御殿の
隣に住んでいた男が ご葬送を見やうとして女車に女と
同乗して出かけた 随分お待ちしたが なかなかお柩を
お出しならない 悲しみの涙を流すだけで帰ってしまほ
うとするうちに 天下の色好み 源至といふ人が これも
ご葬送を拝みにきた時であったが この車を女車だと見て
そばに寄ってきて 何かと色めかしいそぶりをする
やがて その至は蛍を持ってきて女の車に入れたので
車の女は この蛍のともす灯りで私の顔が見える
この灯を消してしまおう といふので
一緒に乗っていた男が 女の気持を詠んだ


お柩が出てしまったならばこれが最後でせうから
蛍の灯りなど消して 長生きなさったであらうか 否 若く
してお亡くなりになり おいたわしや と泣く人々の声を
お聞きなさい


当の至の返歌

本当においたわしいことで 人々の泣く声もよく聞こえます
しかし蛍の灯りが消えても皇女様の魂が人々の心から
消え去ってゆくものとも私は思ひません
蛍の灯を消したところで その美しい方への私の思ひは
消えませんよ


天下の色好みの歌にしては いま一つであった
至は順(したがふ)[みなもとのしたごう]の祖父
皇太子になる意思はなかった

西院の帝 = 淳和天皇 退位後 西院に住んでおられた
その帝のみこ = その帝の皇女
崇子 = たかいこ  藤原高子とは別人
いまそかりけり = いまそがる(いらっしゃる おられる)
うせ給ひて = 亡くなられて
御はふりの夜 = はふり(葬) 御葬送の夜
隣なりける男 = 崇子の邸の隣に住んでいる男 (業平でせう)
御はふり見むとて = 葬送を見送らうと
女車 = 女性用にしつらへた華美な車
あひ乗りて = 同乗して
いと久しう率ていで奉らず = 長時間 柩車が出てこない
率ていで = 柩車を引き出すこと
奉らず = 奉るは 崇子の霊に対する敬語
天の下の色好み = 天下一の色好み 源の至(いたる)は
  嵯峨天皇の皇子(源定)の子 源順の祖父
  河原左大臣・源融の甥である
これももの見るに = この人も見送りに来ていたが
車なりける人 = 男と同乗している女
とかくなまめく間に = 懸想のそぶりを示しているうちに
みこのほいなし = みこの本位なし
皇太子になる気はなかった

「出でて去なば」は 女車にあひ乗りした男(業平)が詠んだ
歌ですが ここでは女性歌として表記しました

スポンサーサイト

伊勢物語(三十八段)

伊勢物語(三十八段)
  むかし紀の有常がりいきたるに 歩きて遅く来けるに
  よみてやりける

君により思ひならひぬ世の中の
  人はこれをや恋といふらむ

  返し
ならはねば世の人ごとになにをかも
  恋とはいふと問ひし我しも


昔 紀有常の所へ男が行ったところ有常が外出していて
遅く帰って来たので 歌を詠んでやった


あなたのお陰で体験することが出来ました
世間の人はこのやうな感情を恋と呼ぶのでせう


私は経験がないので何を恋と呼ぶのか尋ねてきたが
その私の方こそあなたのお陰で今わかりました
それなのに私に教はっただなんて
恋にかけては あなたには敵ひませんよ


業平の妻は紀有常の娘です
紀有常のところへ行った男とは業平でせう
両方とも戯れの歌です

伊勢物語(三十七段)

伊勢物語(三十七段)
  むかし男 色好みなりける女に逢へりけり
  うしろめたくや思ひけむ

我ならで下紐とくな朝顔の
  夕かげ待たぬ花にはありとも


  返し

ふたりして結びし紐をひとりして
  あひ見るまでは とかじとぞ思ふ


昔 男が風流を好む女に逢っていた 女が浮気をしないかと
気がかりだったのか 男は


私のためでなく 外の男のために 下紐を解かないで下さい
朝顔が夕陽を待たずにうつろふ花であるやうに
あなたが そんな頼みがたい人であっても


返歌

あなたと二人で結んだ紐を あなたとあなたと再びお逢ひ
するまでは 一人では解くまひと思ひます


まるで民謡歌のやうにエロチックな贈答歌ですね
万葉集には「紐解」「紐を解」「下紐」が数へきれないほど
出ています

伊勢物語(三十六段)

伊勢物語(三十六段)
  昔「忘れぬるなめり」と問ひ言しける女のもとに

谷せばみ峰まではへる玉かづら
  絶えむと人にわが思はなくに


むかし「私をお忘れになったやうですね」と 冷淡さを
なじるやうに問ひかけてきた女のもとに 男が詠んだ歌


谷が狭いので峰まで延々と延びている玉葛のやうに
あなたとの仲を途絶へさせやうなどといふ気持は少しも
持っていませんのに そんな風におっしゃるとは


思はなくに = 後述の万葉歌と同じやうに
  「もはなくに」と詠むのでせうか


万葉集 巻第十四 3507

多尓世婆美 弥年尓波比多流 多麻可豆良
  多延武能己許呂 和我母波奈久尓

谷狭み峰に延ひたる玉かづら
    絶えむの心我が思はなくに

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。