スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(四十四段)

伊勢物語(四十四段)
  むかし 縣へゆく人に馬のはなむけせむとて 呼びて
  うとき人にしあらざりければ 家刀自さかづきささせて
  女の装束かづけむとす
  あるじの男 歌よみて裳の腰に結ひつけさす

出でてゆく君がためにとぬぎつれば
  我さへもなくなりぬべきかな


  この歌はあるがなかに面白ければ
  心とどめて よまず 腹にあぢはひて

昔 地方へ地方官として赴任する人に餞別の宴をして
あげやうと 当人を家へ招いて 親しい人だったので主婦が
侍女に盃をすすめさせ 女の装束を贈り物として与へた
主人が歌を詠み贈り物の装束の裳の腰紐に結びつけさせた


出立なさるあなたのためにと裳を脱いで差し上げましたので
私までも喪(凶事)がなくなるでせうよ


この歌はその時詠まれた中で とりわけ面白いものなので
感動の心を残し 返歌は詠まず 腹に味はって有難く受取った

縣へゆく人 = 地方官 宮廷のある都に対して 縣(あがた)
馬のはなむけ = 餞別
家刀自 = 家の主婦
かづく = 衣服を相手の肩にかぶせて贈る
裳の腰 = 裳の腰紐 裳は女の正装用で腰から下につける
われさへもなく = 裳を贈ったので 裳なし
  これを「喪なく」に掛けている 「喪」は凶事
「この歌は・・」以下は餞別を受けた側の言
スポンサーサイト

伊勢物語(四十三段)

伊勢物語(四十三段)
  むかし賀陽の親王と申す親王おはしましけり その親王
  女を思しめして いとかしこう恵みつかう給ひけるを
  人なまめきてありけるを 我のみと思ひけるを
  また人聞きつけて文やる ほととぎすの形をかきて

郭公汝が鳴く里のあまたあれば
  なほうとまれぬ思ふものから


  といへり この女 けしきをとりて

名のみたつ死出の田長は今朝ぞ鳴く
  庵あまたとうとまれぬれば


  時は五月になむありける 男 返し

庵多きしでの田長はなほたのむ
  わがすむ里に声し絶えずは


昔 賀陽の親王といふ親王がおられました
その親王がある女をご寵愛になり 大変格別に情をかけて
使っておられたのを ある男がその女に心をかけて色めかしい
振舞を見せていたが その男は自分だけが女に近づいたと
思っていたのであるが また別の男が女のことを聞きつけて
女に文をやります それに ほととぎすの絵を描いて


ほととぎすよ お前は飛び回って鳴く里がたくさんあるから
お前を愛しく思ふものの やはり疎ましい気持になります


と歌を詠んだ この女は その男の機嫌をとって

実際はさうでないのに 至る所で鳴くといふ悪い評判ばかりが
立つほととぎすは 今朝は本当に泣いています
住む庵が多いと あなたに疎まれてしまひましたから


時は五月であった 男が詠んだ返しの歌

あちこちに巣を持つ浮気なほととぎすであっても やはり頼みに
していますよ 私の住む里に声が絶えず訪れて下さるのなら


賀陽の親王 = かやのみこ 桓武天皇の第七皇子
死出の田長 = しでのたおさ ほととぎす(郭公)の異名
庵 = いほり

ほととぎすは浮気な男の比喩に使はれることが多い筈ですが・・

古今和歌集 夏歌 巻第三 (147) 題知らず 読人知らず


時鳥汝が鳴く里のあまたあれば
  なほ疎まれぬ思ふものから

伊勢物語(四十二段)

伊勢物語(四十二段)
  むかし 男 色好みと知る知る 女をあひいへりけり
  されど憎くはた あらざりけり しばしば行きけれど
  なほいとうしろめたく さりとて 行かではた え有るまじ
  かりけり なほはた え有らざりける仲なりければ 二日
  三日ばかり 障ることありて え行かで かくなむ

出でて来し跡だにいまだ変らじを
  誰が通ひ路と今はなるらむ


  もの疑はしさによめるなりけり

昔 男が色好みな女と知りながら その女と愛し合っていた
しかし色好みと知っていたものの 憎くは思っていなかった
(女が浮気者なので) 男は足しげく しばしば通ったが やはり
女の浮気心が気がかりで 嫌に思ふが さうかといって行かず
にはおれなかった 何といっても行かずにはおれなかった仲
だったので 男は二 三日ほど差し支へることがあって行くこ
とが出来ず かう詠んでやった


あなたのところから帰って来たばかりの私の足跡さへ
そのまま変らず残っておりませうに
今頃は誰の通ひ路となっているでせうね


女の心が何となく疑はしく思はれるので詠んだのだった

色好みの女 = 情事を好む女
あひいへりけり = 「あひ」は相 「いへり」は言ふ
  その女と語らひあった 愛し合った
はた = また

浮気な女ほど 男が魅かれるのは現代も? でせうか?

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。