スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(六十七段)

伊勢物語(六十七段)
  むかし 男 逍遥しに 思ふどち かいつらねて 和泉の国
  へ二月ばかりにいきけり 河内の国 生駒の山を見れば
  曇りみ晴れみ たちゐる雲やまず 朝より曇りて 昼晴れ
  たり 雪いと白う木の末に降りたり それを見て かの
  行く人のなかに ただ一人よみける

きのう今日 雲のたちまひ隠ろふは
  花のはやしを憂しとなりけり


昔 男が気晴らしに 気の合った者同士 連れ立って 和泉の
国へ 陰暦の二月頃 旅に出た 河内の国で生駒山を見ると
曇ったり晴れたりで 山に掛かる雲は晴れることがなく 朝
から曇っていたが 昼間には晴れた 雪が真っ白く木々の梢
降りたっていた それを見て かの一行の中のただ一人が
次のやうな歌を詠んだ


昨日から今日にかけて 雲が湧上がったり動き回ったりして
生駒山が隠れるのは 雪で花のやうになった林を人に見せる
のを嫌がっているのだ


逍遥(せうえう) = 趣のあるものを求めてのそぞろ歩き
思ふどち = 気の合った者同士
かいつらねて = 連れ立って
二月(きさらぎ)ばかり = 陰暦の二月頃
曇りみ晴れみ = 曇ったり晴れたり
たちゐる(立ち居る) = 立ったり座ったり
   雲の動きを人になずらへたもの
木の末 = 木々の梢
雲のたちまひ = 立ち舞ひ 雲が動き回る様子
隠ろふは = 隠すのは 隠さうとするのは

雪の林を花に見立て 雲がその景色を独占したくて 人に見せ
るのを嫌がっている と詠み手は言っているのです
スポンサーサイト

伊勢物語(六十六段)

伊勢物語(六十六段)
  むかし 男 津の国にしる所ありけるに あにおとと友達
  ひきゐて 難波のかたに行きけり 渚を見れば 舟どもの
  あるを見て

難波津をけさこそみつの浦ごとに
  これやこの世をうみわたる舟


  これをあはれがりて 人々帰りにけり

昔 男が摂津の国に領地があったので 兄弟や友達を率いて
難波の方へ行った 渚のあちこちで舟が行き来するのを見て


難波津を今朝こそ本当に見ることが出来た その津々浦々に
漕ぎ出ている舟は この世を憂きものと思って 海を渡って
いるといふ その舟ですね


この歌に深く感銘して 人々は帰って行った

みつの浦 = 「みつ」は 今朝こそ見つ と 御津の浦 の掛詞
みつの浦 = 御津は「津」を美しく言ったもの
うみわたる = 憂み と 海 の掛詞

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。