スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(八十二段)その一

伊勢物語(八十二段)その一
  むかし 惟喬の親王と申す親王おはしましけり 山崎の
  あなたに水無瀬といふ所に宮ありけり 年ごとの桜の
  花ざかりには その宮へなむおはしましける その時
  右の馬頭なりける人を常に率ておはしましけり 時世
  へて久しくなりにければ その人の名忘れにけり 狩は
  ねむごろにもせで 酒をのみ飲みつつ やまと歌にかか
  れりけり いま狩する交野の渚の家 その院の桜 こと
  におもしろし その木の下におり居て枝を折りて かざ
  しにさして上中下みな歌よみけり 馬の頭なりける人
  のよめる

世中に絶えて桜のなかりせば
  春の心はのどけからまし


  となむよみたりける また人の歌

散ればこそいとど桜はめでたけれ
  うき世になにか久しかるべき


  とて その木の下は立ちてかへるに 日暮になりぬ

むかし 惟喬親王と申し上げる方がおられました 山崎の向
こうの方で 水無瀬といふ所に離宮がありました 毎年桜の
花盛りには その離宮へおいでになりました その時はいつ
も 右の馬頭であった人を連れてお出かけになられました
それから長い年月を経たので その人の名を忘れてしまひま
した 鷹狩の方はそれほど熱心にはしないで 酒を飲みなが
ら和歌に熱中していました いま狩をしている交野の渚の家
その院の桜は特に美しかった その桜の木の下に馬から降り
て座り 桜の枝を折って 冠に飾りとして挿して 身分の上中
下の別なく皆 歌を詠みました 右の馬頭であった人の歌は


この世の中に全く桜がなかったならば 春の人の心は さぞ
かし のんびりしたものであったでせうに
桜がなければ 散るのを心配せずに済むのに


と詠みました 別の人の歌は

あっさり散るからこそ 桜はますます賞美に値するのです
そもそも この世の中に 何か永続きするものがありませうか


と詠んで その木の下を立ち離れて帰途に着くと
日暮れになりました

山崎のあなた = 京都から見て水無瀬は山崎の向こう
水無瀬 = 阪急京都線 水無瀬 その北東にJR山崎
右の馬頭 = 在原業平を指す
常に率て = 桜見の都度いつも業平を連れて
その人の名忘れにけり = 右馬頭の名を忘れてしまった
狩はねむごろにもせで = 鷹狩にはそれほど心を入れないで
渚の家 = 淀川近くに院
上中下みな = 親王の供人で身分の上中下の者すべて

スポンサーサイト

伊勢物語(八十一段)

伊勢物語(八十一段)
  むかし 左のおほいまうちぎみ いまそかりけり 賀茂川
  のほとりに 六條わたりに 家をいとおもしろく造りて住
  み給ひけり 神無月のつごもりがた 菊の花うつろひざ
  かりなるに 紅葉の千種に見ゆる折 親王たちおはしまさ
  せて 夜ひと夜 酒のみし遊びて 夜あけもてゆくほどに
  この殿のおもしろきをほむる歌よむ そこにありけるか
  たゐ翁 板敷のしたに はひありきて 人にみなよませ果
  ててよめる

塩釜にいつか来にけむ朝なぎに
  釣りする舟はここによらなむ


  となむよみけるは みちの国にいきたりけるに あやしく
  おもしろき所々おほかりけり わがみかど六十余国の中
  に 塩釜といふ所に似たるところなかりけり さればな
  む かの翁 さらにここをめでて 「塩釜にいつか来にけ
  む」とよめりける

むかし 左大臣がおいでになった 賀茂川の近くで 六条あ
たりに 家をとても趣向をこらして造って住んでおられた
旧暦十月の末の頃 菊の花が色あせ始めて最も美しく 紅葉
が色とりどりに見える頃 親王たちをお招きして夜通し酒宴
を張り管弦を楽しんで 夜が明け行く頃に 一同は この邸の
美しさをたたへる歌を詠んだ そこに居合はせた賤しい老
人が 縁側の下に かがんで歩いて他の人が皆詠み終えるの
を待って詠んだ


あの陸奥の塩釜に一体いつの間に来てしまったんだらう
静かな朝なぎの中 釣する舟はここに寄って来るとよいのに


と詠んだのは 翁がかつて陸奥の国へ行った時に物珍しく
趣深いところが あちこちにあった しかしわが国六十余国
の中で 塩釜に似た 面白い所はなかった そこで まぁ あ
の翁がことさらにこの邸を賛美して「塩釜にいつか来にけ
む」と詠んだのであった

左のおほいまうちぎみ(大臣) = 嵯峨天皇皇子 源融
六條わたり = 六條近辺・六條辺り 源融の邸宅は現在の
  河原町六條にあって河原院と称された
おもしろく造りて = 風流に造って
神無月のつごもりがた = 陰暦十月の末頃
うつろひさかりなるに = 色あせ始めて美しい盛りの時
千種 = 色さまざま
おはしまさせて = おいでいただいて
遊びて = 管弦など音楽を催して
この殿 = この邸・河原院
かたゐ翁 = 卑しい老人 「かたゐ」は乞食 高貴な人々に
  対してわざと卑しめている 暗に業平を指している
板敷の下 = 縁側の下・すのこの下 つまり庭
はひありきて = おそるおそる腰をかがめて歩いた
よませはてて = 来客全員に歌を詠ませてしまって
塩釜 = 宮城県松島湾内
いつか来にけむ = いつ来たのであらうか
ここに寄らなむ = ここに寄って来て欲しい
よみけるは = 詠んだことだよ 「は」は感動
いきたりけるに = 翁が若い頃訪れた時に
あやしくおもしろき所々 = 珍しく趣深い所
わがみかど = 日本・わが国の
六十余国 = 今でいふなら47都道府県
さればなむ = それで まぁ・そこで まぁ
さらにここをめでて = 「ここ」は塩釜ではなく河原院

源融と業平の兄 行平は親交があり従って業平もこの家の
風流な会に招かれていたと推測されている

古今集にある関連歌として (読人不知) 巻第二十 (1088)


陸奥はいづくはあれど塩釜の
  浦漕ぐ舟の縄手かなしも

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。