スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(八十三段)その一

伊勢物語(八十三段)その一
  むかし 水無瀬にかよひ給ひし惟喬の親王 例の狩しに
  おはします供に 馬頭なる翁つかうまつれり 日ごろ経
  て宮にかへり給うけり 御送りして とく去なむと思ふ
  に 大御酒たまひ禄たまはむとて つかはさざりけり
  この馬頭 心もとながりて

枕とて草ひき結ぶこともせじ
  秋の夜とだに頼まれなくに


  とよみける 時は三月のつごもりなりけり
  親王 大殿籠らであかし給うてけり

むかし 水無瀬離宮に通はれていた惟喬親王が いつものや
うに鷹狩に行かれるお供に 馬の頭であった翁 (業平) が
お仕へ申し上げた 何日か経って 都の宮へお帰りになった
翁は親王をお見送りして 早く帰らうと思ったが 親王は
お酒を下さり ご褒美を下さらうとして お帰しにはならな
かった 翁は 気がかりなので


ここで旅寝の草枕を結ぶことはしますまい
秋の夜ならば夜長を頼みに ゆっくり出来ますが 春の短か
夜では その頼みも無理でせうから
(久しぶりに早く帰って 愛人と逢ひたひので 失礼します)


と詠んだ 時は三月の下旬であった 結局 親王は おやす
みにならないで夜を明かされた

例の狩しにおはします = いつものやうに狩に行かれる
馬の頭 = 業平  つかうまつれり = お仕へ申し上げた
日ごろ経て = 水無瀬で何日か経って
宮に = 都の御殿に
とく去なむ = 早くわが家へ帰らう
禄たまはむとて = ご褒美を下さらうとして
つかはさざりけり = さうは させなかった
心もとながりて = 気がかり (早く帰って愛人に逢ひたひ)
枕とて草ひき結ぶ = 旅寝の草枕を結ぶ
大殿籠らで = 寝ないで 「おほとのごもる」は「寝る」

惟喬親王は業平に側にいて欲しかったのです
スポンサーサイト

伊勢物語(八十二段)その二

伊勢物語(八十二段)その二
  御供なる人 酒をもたせて野より出できたり この酒を
  飲みてむとて よき所を求めゆくに天の河といふ所に至
  りぬ 親王に馬頭 大御酒まいる 親王ののたまひける
  「交野を狩りて 天の河のほとりに いたるを題にて 歌
  よみて杯はさせ」とのたまうければ かの馬頭よみて奉
  りける

狩り暮らし棚機津女に宿からむ
  天の河原に我は来にけり


  親王 歌をかへすがへす誦じ給うて 返しえし給はず
  紀の有常 御供に仕うまつれり それが返し

一とせにひとたびきます君まてば
  宿かす人もあらじとぞ思ふ


  かへりて宮に入らせ給ひぬ 夜ふくるまで酒飲み物語
  して あるじの親王 酔ひて入り給ひなむとす 十一日
  の月も隠れなむとすれば かの馬頭のよめる

あかなくにまだきも月のかくるるか
  山の端にげて入れずもあらなむ


  親王にかはりたてまつりて紀の有常

おしなべて峰もたひらになりななむ
  山の端なくは月も入らじを


お供の人が酒を運ばせて 野原の方からやってきました
この酒を飲もうではないか と 適当な場所探して行くと
天の河といふ所に着きました 親王に馬頭がお酒をすすめ
ました 親王のおっしゃるには 「交野を狩して 天の河の
ほとりにやってきたのを主題にして 歌を詠んだ上で酒を飲
もう」とおっしゃったので かの馬頭は詠みました


一日中 狩をして夜になったので 今夜は織女に宿をからう
私は天の河原にやってきたのだ


親王は歌を何回も声に出して詠まれて あまりの上手さに
返歌をなさることが出来ない 紀の有常がお供にお仕へし
ていました その有常が返歌を詠みました



織女は 一年一度おいでになる親王を お待ちしているのだ
から あなたには誰も宿を貸してくれないでせう

親王を彦星に擬へ 織女も親王になら宿を貸すが あなた
(業平)にはねぇ と 親王を持上げ 業平をからかっている


親王は水無瀬の邸に戻られた 帰られてからも夜遅くまで
酒を飲み物語などしているうち 親王はすっかり酔はれて
ご寝所にお入りにならうとされた 十一日の月も山の端に
沈もうとしている時 かの馬頭は詠みました


まだ十分満足していないのに 月が隠れるのは早すぎるでは
ないか 山の端が逃げて 月を入れないやうにして欲しいも
のだ (親王に もっと飲みませうよ の意)


親王に代って 紀の有常が

どの山の峰も一様に平らになって欲しい 山の端といふも
のがなければ 月が沈むといふこともなからうに


飲みてむ = 飲んでしまわう  よき所 = 適当な場所
大御酒まいる = お酒を差し上げた 大御は美称
のたまひける = おっしゃるには
たなばたつめに宿からむ = 織女に宿を借りやう
返しえし給はず = なかなか返すことが出来なかった
紀の有常 = 惟喬親王の母の兄 業平の妻の兄でもある
宿かす人 = 宿を貸してくれるやうな人・織女のこと
入り給ひなむとす = 寝所にお入りにならうとされた
隠れなむとすれば = 山の端に隠れやうとするので
あかなくに = 飽き足らないのに
入れずもあらなむ = 月を入れないで欲しい
  親王を寝させないで欲しい

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。