スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(八十四段)

伊勢物語(八十四段)
  むかし 男ありけり 身はいやしながら 母なむ宮なり
  ける その母 長岡といふところに住み給ひけり 子は
  京に宮仕へしければ まうづとしけれど しばしば
  えまうでず ひとつ子にさへありければ いとかなし
  うし給ひけり さるに十二月ばかりに とみのこと
  とて御ふみあり おどろきて見れば 歌あり

老いぬればさらぬ別れのありといへば
  いよいよ見まくほしき君かな


  かの子いたううち泣きてよめる

世の中にさらぬ別れのなくもがな
  千代もといのる人の子のため


むかし 或る男がいた 官職は低かったけれども 母親は
皇女であった その母は長岡といふところに住んでいた
子は 即ちその男は宮仕へをしていたので 母宮のもとに
参上しゃうとしたけれど あまり頻繁には伺へなかった
たった一人の子供でもあったので 母宮はとても可愛がって
おられた さうしている内に 十二月頃に急の用件といって
手紙があった 何事かと驚いて見ると 母宮の歌があった


年をとると だうしても避けることの出来ない死別といふ
ものがあるから ますますあなたに逢ひたひと思う
いつ死ぬかも分からないから 今すぐ逢ひに来て欲しい


世の中に死別などといふものがなければいいのに
親が千年も長生きするやうにと祈っている子供のために


身はいやしながら = 官位としての身分は低かったが
母なむ宮なりける = 業平の母は桓武天皇の皇女
まうづとしけれど = 母のもとに参上しゃうとしたけれど
えまうでず = なかなか参上出来ない
ひとつ子にさへ = 業平は阿保親王の第五子であるが
  母(伊登内親王)にとっては一人子
いとかなしうし給ひけり = 大変可愛がられた
とみのこと = 急なこと
さらぬ = 避らぬ・避けることの出来ない

この母子の贈答歌は
古今集 巻第十七 雑上 に次の詞書を伴って出ています


  業平の朝臣の母の内親王 長岡に住み侍りけるに
  業平宮仕へすとて時々もえ罷り問はず侍りければ
  師走ばかりに母の内親王の許より「とみの事」とて
  文をもてまうできたり
  あけて見れば詞はなくて ありける歌

老ぬればさらぬ別れもありといへば
  いよいよ見まくほしき君かな

  返し    業平朝臣
世の中にさらぬ別れのなくもがな
  千代もとなげく人の子のため

スポンサーサイト

伊勢物語(八十三段)その二

伊勢物語(八十三段)その二
  かくしつつまうで仕うまつりけるを 思ひのほかに
  御髪おろし給うてけり 正月に拝みたてまつらむとて
  小野にまうでたるに 比叡の山のふもとなれば 雪いと
  たかし しひて御室にまうでて拝みたてまつるに つれ
  づれと いとものがなしくておはしましければ やや久
  しくさぶらひて いにしへのことなど思ひ出で聞えけり
  さてもさぶらひてしがなと思へど 公事どもありければ
  えさぶらはで 夕暮にかへるとて

忘れては夢かとぞおもふ思ひきや
  雪ふみわけて君を見むとは


  とてなむ泣く泣く来にける

このやうに親しみながら 親王のもとに参上して お仕へ申
し上げておりましたのに 親王は思ひがけなくも 出家され
てしまった 翁が年始のご挨拶に行かうとして 親王が隠棲
された小野に参上したところ 比叡山の麓だったので雪がと
ても深かった 無理を押して親王のお部屋へ拝顔を申し出
ると 親王は手持ち無沙汰で とても淋しさうなご様子で
いらっしゃるので 大分長いことお側にいて 昔のことなど
思ひ出し お話申し上げた このまま親王のお側にいたいと
思ったが 宮廷での儀式や行事があったので お側に留まる
ことも出来ず 夕暮れに帰るといふので


これが現実だといふことを忘れて 夢ではないかと わが目
を疑ひます このやうに高く積った雪を踏み分けて
わが君にお目にかかりに来るやうにならうとは
考へたことがありましたでせうか


と詠んで泣く泣く都に帰ってきた

まうで = 参上して
御髪おろし給うてけり = 出家されてしまった
拝みたてまつらむ = 新年の拝賀をしゃう
しひて = 強いて
つれづれと = ただ一人つくねんと寂しげに
聞えけり = 申し上げた 「聞こへ」は「言ふ」の謙譲語
さてもさぶらひてしがな = そのまま おそばにいたいものだ

古今集 巻第十八 雑歌下 970 には長い詞書がついている


  惟喬の親王の許にまかり通ひけるを 頭おろして
  小野といふ所に侍りけるに正月に訪はむとて
  まかりたりけるに比叡の山の麓なりければ雪いと
  深かりけり しひてかの室にまかりいたりて拝み
  けるに つれづれとしていともの悲しくて
  帰りまうで来てよみておくりける  業平朝臣

忘れては夢かとぞ思ふ思ひきや
  雪ふみわけて君を見むとは

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。