スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(八十七段)その二

伊勢物語(八十七段)その二
  かへりくる道遠くて うせにし宮内卿もちよしが家の前
  来るに 日暮れぬ やどりの方を見やれば 海人の漁火
  おほく見ゆるに かのあるじの男よむ

はるる夜の星か河辺の蛍かも
  わが住むかたの海人のたく火か


  とよみて 家に帰りきぬ
  その夜 南の風吹きて 浪いとたかし つとめて その家
  のめのこども出でて 浮海松の浪によせられたる拾ひて
  家のうちに持てきぬ 女がたより その海松を高坏にも
  りて 槲をおほひて出したる 槲に書けり

わたつみのかざしにさすといはふ藻も
  君がためには惜しまざりけり


  田舎人の歌にては あまれりや たらずや

帰りの道は遠くて 亡くなった宮内卿もちよしの家の前にさ
しかかると日が暮れてしまった 我が家の方を見やると
海人の漁火がたくさん見えるので 例の主人である男が詠
んだ


あそこでちらちら光っているのは この晴天の夜の星の光か
それとも 亡くなった宮内卿の魂が蛍となって川辺を飛んで
いる光か それとも我が家の方で海人が焚いている漁火だら
うか


と詠んで家に帰ってきた
その夜は南の風が吹いて波が大変高かった 翌朝 その家の
女の子たちが海岸へ出て 浮海松が波に打ち寄せられている
のを拾って 家の中に持ってきた 主婦の側から その海松
を高坏に盛って 柏の葉をかぶせて差し出してきたが その
柏の葉に書いてあった


海の神が冠の飾りに挿すものとして清め守っている藻も
あなた様のためには惜しまず分けてくれました


田舎の人の歌としては 言葉が余分であらうか 言葉不足で
あらうか

浮海松 = うきみる 海面に浮いている浮海藻 (みるめ)
高坏 = たかつき 高い台のついた食べ物を盛る器
槲 = かしは 柏
わたつみ = 渡つ海 海 海の神 ここでは後者

「田舎人の・・」以下は作者の評ですが この段の作者であ
り この主婦の夫ですから 謙遜して 田舎人云々と言ってい
ます 「君がためには・・」の「君」は正客を指し めでた
く正客を祝った挨拶で 上出来の歌なのです

スポンサーサイト

伊勢物語(八十七段)その一

伊勢物語(八十七段)その一
  むかし 男ありけり 身は
  むかし 男 津の国 菟原の郡 蘆屋の里にしるよしして
  いきて住みけり 昔の歌に

蘆の屋の灘の塩焼いとまなみ
  黄楊の小櫛もささずきにけり


  とよみけるぞ この里をよみける ここをなむ蘆屋の灘
  とはいひける この男 なま宮仕へしければ それを便
  りにて 衛府佐ども集りきにけり この男のこのかみも
  衛府督なりけり その家の前の海のほとりに遊びあり
  きて「いざ この山の上にありといふ布引の滝見にのぼ
  らむ」といひて のぼりて見るに その滝 ものよりこと
  なり ながさ二十丈 広さ五丈ばかりなる石のおもて
  白絹に岩を包めらむやうになむありける さる滝の上
  に わらうだの大きさして さしいでたる石あり その
  石のうへに走りかかる水は 小柑子 栗の大きさにてこ
  ぼれ落つ そこなる人にみな滝の歌よます かの衛府
  督まづよむ

わが世をば今日かあすかと待つかひの
  涙の滝と何れ高けむ


あるじ つぎによむ

ぬき乱る人こそあるらし白玉の
  まなくもちるか袖のせばきに


  とよめりければ かたへの人 笑ふことにやありけむ
  この歌にめでてやみにけり

昔 男が津の国 菟原の郡(芦屋市の辺り)に領地があった関
係で そこへ行って住んでいた 古歌に


芦屋の灘の浜で 塩を焼く業が忙しくて暇がないので 黄楊
の小櫛も髪にささずにやって来てしまった


と詠んだのは この里を詠んだものである それで人はここ
を芦屋の灘と呼んでいる この男は宮仕へといふにも当ら
ない程の宮仕へではあったが その縁で衛府佐たちが集まっ
て来た この男の兄も衛府督であった この男の家の前の
海辺を遊び歩いて 「さあ この山の上にあるという布引の
滝を見に登らう」と言って登って見ると その滝は普通の
滝とは様子が異っている 長さは六十メートル 幅は十五
メートルほどの岩の表面が 白絹で岩肌を包んでいるように
見える そんな滝の上に 円座の大きさをして突き出ている
石があった その石の上に走りかかる水は 小さな蜜柑や栗
の大きさになってこぼれ落ちていた 男はそこにいた人 皆
に滝の歌を詠ませた 例の衛府督が最初に詠んだ


自分が世に時めくのは今日か明日かと待つ甲斐もなく 滝の
やうに涙が流れるばかりだが その涙の滝と この山峡の布
引の滝と どちらが高いであらうか


主人である男が次に詠んだ

白玉をつないだ緒を抜いて散り散りに乱している人がいる
らしい 白玉が絶え間なく散りかかってくることよ
それを受ける私の袖は狭いのに


と詠んだので 傍らにいる人が変な歌だと心で笑っていたの
か この歌を賞賛して 自分は歌を作らずに終った

津の国 菟原の郡 蘆屋の里 = 芦屋市の辺り 三十三段 参照
なま宮仕へ = 業平は左兵衛権佐 (ごんのすけ) にまで
   なっているので それほど微官といふわけではない
衛府督 = えふのかみ
わらうだ = 円座 藁で編んだ丸い敷物
かひ = 峡・甲斐 
涙の = なみだの 甲斐も無み を掛けている
白玉 = 涙  せばき袖 = 羽振りがよくないの意
主人である男 = 業平  衛府督 = 行平(業平の兄)

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。