スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筒井筒(3)

伊勢物語 (二十三段)その三
高安の女は始めの頃は奥ゆかしくつくろっていたが
慣れるにつれて無作法なふるまひが目につき嫌気がさし
足も向かなかった 女はやるせない思ひを訴へ
男を待ったが男は結局通って来なくなった


 まれまれかの高安に来て見れば はじめこそ心にくくも
 つくりけれ 今はうちとけて手づからいひがひとりて
 笥子のうつは物に盛りけるを見て 心うがりて
 いかずなりにけり
 さりければ かの女 大和の方を見やりて

君があたり見つつを居らむ生駒山
  雲なかくしそ雨は降るとも


 といひて見いだすに からうじて大和人来むといへり
 よろこびて待つに たびたび過ぎぬれば

君来むといひし夜ごとに過ぎぬれば
  頼まぬものの恋ひつつぞふる


 といひけれど をとこ住まずなりにけり
心にくく = 奥ゆかしく  つくりけれ = 繕っていたが
いひがひ = しゃもじ  笥子 = 笥は飯椀 子は接尾語
心うがりて = いや気がさして
見いだす = 中から外の方を見やる
来むといへり = 「そのうち行かう」と言った
たびたび過ぎぬれば = 男は河内の方にやって来ても
  その度に女のもとに立ち寄らず行ってしまったので
住まずなりにけり = 共に夫婦生活をしないの意
  男が通って来なくなった


あなたが来られない今 せめてあなたがいらっしゃる方角
なりと まぁ眺めながらおりませう
だから雲よ だうか生駒山を隠さないでおくれ
たとへ雨は降っても


あなたが来ると言った夜毎に心待ちしていましたのに
立ち寄らず行かれてしまったので もう当てには
ならないと思ひながら やはりあなたを恋ひ慕ひ続けて
日を送っています


大和の女は 少女時代からこの男を思ひ続けてきた純真さは
一向に薄れておらず 夫が夜半に山越えする身を案じている
夫がいなくてもきちんと化粧し身だしなみをおろそかにせず
たしなみ深い美しさがある

一方 河内の女は たしなみの点では比較にならず
下品な行為を平然とさらけだす
男に何故疎まれるのかといった人情の機微を解す心を
持たない それだけに 哀れな女だということも出来る

伊勢物語の中で私が一番好きな筒井筒
結局 全部載せてしまひました

COMMENT

たしなみ

確かに、慣れてくると男女問わずに
霞んだ部分があらわになりますよね。

それがさらに愛情が深まるか否かは、その人に対する思いの根本がわかる時かもしれません・・・。

あばたも笑窪って言うくらいですから。

親しき仲にも礼儀ありももちろんあるでしょうが・・・。

いかがでしょうか?

お化粧

秋桜小町さんも一生 お化粧は続けて下さいね
どんなに美しい方も やはりお化粧は必要なんだと
この大和の妻を見るにつけてもそう思ひました
読書についても同じことが言へるでせう (^0^)/

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。