スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿鳴く声

大和物語 158
大和国に男女ありけり 年月かぎりなく思ひて住みけるを
いかがしけむ 女を得てけり  なほもあらず この家に
率て来て 壁を隔ててすえて わが方にはさらに寄り来ず
いと憂しと思へど さらに言ひもねたまず
秋の夜の長きに 目をさまして聞けば 鹿なむ鳴きける
ものも言はで聞きけり  壁を隔てたる男「聞きたまふや
西こそ」と言ひければ「何ごと」といらへければ
「この鹿の鳴くは聞きたうぶや」と言ひければ
「さ聞きはべり」といらへけり
男「さて それをばいかが聞きたまふ」と言ひければ
女 ふといらへけり


われもしか なきてぞ人に恋ひられし
  今こそよそに声をのみ聞け


と よみたりければ かぎりなくめでて
この今の妻をば送りて もとのごとなむ住みわたりける


私も以前 その鹿が鳴くやうに泣いてあなたに
恋ひ慕はれたものでした
それが今では他所であなたの声だけを聞いています
西こそ = 西隣さん(隣の部屋の本妻への呼びかけ)
いらへ = 答える
さ聞きはべり = さ「そのやうに」聞いております
われもしか = 我も然 「然」は「鹿」に掛けている
よそ = 他所
今こそ・・聞け = 係り結び


この歌一首で本妻は夫を取り戻すことが出来ました
めでたし めでたし

COMMENT

でも、ムカつくわ。

こんな床しい妻殿を一時的にもうっちゃって、他の女に目移りしたんでしょっ!!
今だったら、こんな野郎は女の方からお払い箱よ。
咬む馬は死ぬまで咬むの諺もありまする。
って、なに怒ってんでしょ私......。

西殿

しもか本妻の隣の部屋に住まはせるとはねぇ
咬む馬は耳を切られば (^0^)/

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。