スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武蔵野の心

伊勢物語 (四十一段)
二人の姉妹がそれぞれ身分の低い貧しい男と高貴な男を
夫に持っていた  貧しい女の方は夫の袍の洗い張りを
慣れない手つきでしている内に肩の部分を破ってしまひ
途方にくれた 高貴な男は同情して美しい袍に歌を
添えて送った


 昔 女はらから二人ありけり  一人はいやしきをとこの
 貧しき 一人はあてなるをとこもたりけり
 いやしきをとこもたる十二月のつごもりに袍を洗ひて
 手づから張りけり 心ざしはいたしけれど さるいやしき
 わざもならはざりければ うへのきぬの肩を張り
 破りてけり  せむ方もなくて たゞ泣きに泣きけり
 これをかのあてなるをとこ聞きて いと心苦しかりければ
 いときよらなる緑衫のうへのきぬを見出でてやるとて

紫の色こき時はめもはるに
  野なる草木ぞわかれざりける


 武蔵野の心なるべし
紫草が色濃く鮮やかに咲いている時には一面に広がる
野原に生えている他の草木まで紫草と同じやうに
美しく思はれる
それと同様に美しい妻を強く愛すればこそ その縁に
つながるあなた方までいとしく思はれるのです


うへのきぬ = 袍
袍(ほう) = 男性貴族の正装の表衣 袍を洗ふは正月の用意
緑衫(ろうさう) = 緑色の袍で六位の着用
  貧しい男は六位であった

武蔵野の心なるべし = あの「武蔵野の」の歌意を汲んで
  詠んだのであらう

「武蔵野の」とは 古今集 雑歌 867 読人知らず

紫の一もとゆゑに武蔵野の
  草は皆がらあはれとぞ見る


何て素晴らしい歌でせうねぇ
素人の私にでさへ感動を憶えさせるのですから

いつだったか散歩道の緑の土手に紫おびた深紅のアザミが
一本だけ咲いていました
あのときの感動が何となく似ているやうな・・

COMMENT

この時代の

武蔵野は見渡す限りの原野という感じだったんでしょうか。

同じ野の 露につるる藤袴
     憐れはかけよ かごとばかりも

こんな歌を思い起こしました。
こちらは宮城野らしいですけれど。

あらま

露にやつるる、の(や)が抜けてる~っ

武蔵野

伊勢物語で知る限り武蔵野は原野だったみたいです
http://kassandra.blog18.fc2.com/blog-entry-150.html
これも武蔵野です

アゲハさんは源氏物語 強いんですねぇ
私は田辺聖子著 新源氏物語を一度読んだだけ
印象に残っているのは末摘花だけです

善良が美徳なら

末摘花さまは誠に美しい女人でしょう。

物語の中に自分を置いて、どの女人が一番自分に近いか、又は、私はこういう女性になりたい、などと考える事がしばしばでした。

因みにアゲハはどうも(近江の君)に近しいキャラのようです。
ゲンナリ.....(ーー;)

近江の君

生意気に「古歌あれこれ」などとウンチクを垂れいる私ですが源氏物語を一度きりしか読んでない 何ともまぁ恥ずかしい
原書は無理にしても田辺聖子著の新源氏物語など今一度読み直してみなければ・・
源氏物語にも歌は沢山出てますもんねぇ

近江の君 田舎者でオチャッピィだったんですね
っちゅうことは アゲハさんは?!?!

場違いな

軽佻浮薄さで貴族の父親の頭をいためさせる女として描かれてますが、なんか自分を見ているようでした。
....っちゅうことです。

軽佻浮薄

耳が痛いよぉぉぉ (身に覚え有) (^0^)/

おっと(+_+)

そのよーな事をおっしゃっちゃ厭だわ。
郎女さまはアゲハのお師匠様なんですから(勝手に決めた)
これからの度々お邪魔して、古歌の解読と共に古典の雅な風を呼吸したいと思いますので、何卒よろぴく m(__)m

おーっ、又やってもーた!!

これからの、じやなくて(も)です。
も~これなんだから(T_T)

雅風呼吸

こちらこそ これからもヨロシク
度々と言はずに毎日でも来て下さいね
待ってまぁす (^0^)/

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。