スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花たちばな

伊勢物語 (六十段)
或る男が宮仕へに忙しく十分妻に愛情をかけてやれず
妻がそれを不満に思っているところへ上手く言ひ寄る
男がいて妻はその男について地方に下った
後に都の男は勅旨となって宇佐八幡へ赴く途中
接待役の妻となっているもとの妻に会った
女はいたく恥じて尼となり山へ入ってしまった


 むかし男ありけり  宮仕へいそがしく心も
 まめならざりけるほどの家刀自 まめに思はむと
 いふ人につきて 人の国へいにけり
 この男 宇佐の使にていきけるに ある国の祗承の
 官人の妻にてなむあると聞きて
 「女あるじにかはらけとらせよ さらずは飲まじ」と
 いひければ かはらけとりて出したりけるに
 さかななりける橘をとりて

さつき待つ花たちばなの香をかげば
  むかしの人の袖の香ぞする


 といひけるにぞ思ひ出でて
 尼になりて山に入りてぞありける

五月を待ってでもいるやうに咲いた橘の花の香をかぐと
昔の愛しい人の袖の香りがして昔をふっと思ひ出します
心もまめならざりけるほどの = 愛情を注げなかった頃の
家刀自 = 主婦  まめに思はむ = 懸命に愛しませう
人の国 = 地方・他国  この男 = 夫だった男
祗承(しぞう)の官人 = 勅旨の通過する国々におかれ
  接待や宿舎のことを司る役人
かはらけとらせよ = 酒の酌をさせよ
むかしの人 = ここでは もとの妻を指す
思ひ出でて = 昔のことを思ひ出して


目先の愛欲にひかれて地方の小役人の妻と成り下った
女は自分の愚かさに耐えられなくなり 前夫の立派な
姿を前にして身の置き所なく恥じて尼となったのです

私はこの歌を古今集(題知らず・読人知らず)で知りましたが
この歌を本歌とした歌はとても多いと聞いたことがあります
またこの歌は業平の歌であるとの説もあります

COMMENT

似たような

ストーリーを何かの本で読んだことがあります。
女は両親を失って貧しくなり通ってきていた男とは自然消滅するんですが、尚暫くは廃屋のような場所でじっと暮らしてゆき、紆余曲折の末、人のすすめに従って郡司に伴われ都を去ります。
郡司の館で、妻にはなれずに、はしためとして働いていた女は、その後に国司となって
やって来た別れた男をもてなす為に、郡司に命じられるまま化粧し装って部屋へやらされ邂逅するんですが、お互いに確認した刹那、女の顔には死相が現われるというものでした.....(昔の人は恥ずかしさの為に死ねたのかしら)
あまりにも自主性の無い女への歯がゆさと、成り行きの切なさに私はもうイライラしながら読んだ記憶があります。

歌は......覚えてない。

イライラ

この種のストリーは 事前に内容を知っていて読むと
ほんとにイライラしますよねぇ
でも現代女性なら「あら? お久しぶり お元気?」
ってなとこでせうか
決して恥じて死んだり尼になったりなどしないでせう
でもあの時代のこのストリーに出てくるやうな男女は
「武蔵野の心」のやうな貧乏でも耕しもせず働かうともしない貧乏貴族
下にはまだまだ貧しい庶民が大勢いたのです
一将功なりて万骨枯る
あれ? 今の時代も・・

っていうのは、蜜柑の木とは別なのかしら?
それとも蜜柑の古名??

えー私アゲハは柚子の木を寝城の親を持ち、柚子の葉を食べて育ちまして.....。
他の柑橘類はよく解らないのよん。

貧乏貴族は手がつけられませんねぇ。
今の社会の方が少しはマシか。

橘で思い出しましたので、郎女さまにお訪ね。

風に散る花たちばなを袖に受けて
     君が御あとをしのびつるかも

この歌、恋歌でしょうか??

驚き

橘については柑橘系だといふこと以外知らないのですが
それよりもアゲハさん 素敵な歌をご存知なんですねぇ
もう感服 脱帽ですよ
そして こんなに素晴らしい歌を知ることが出来て
とてもとても嬉しい (^0^)/

万葉集 巻第十 夏の雑歌 花を詠める
10-1966 風散花橘を袖受而 為君御跡思鶴鴨

風に散る花たちばなを袖に受けて
  君が御跡と しのひつるかも

・・にしても「さつき待つ」の歌から「風に散る」を連想するアゲハさん
只者ではない まじ m(_ _)m

夏の雑歌 花を詠める とはありますが
私は恋の歌だと感じます
君が御跡・・あなたの名残 ですもんねぇ

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。