スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つくも髪

伊勢物語 (六十三段)
男を恋しく思うふ老女が三男の暖かい取り計らいで
情愛深い業平に逢へた  男も子供の孝心に同情して女を
訪れたのだが一夜切りでそのままになってしまった (続)


 むかし世心つける女いかで心なさけあらむ男に
 あひ得てしがなと思へど 言ひ出でむもたよりなさに
 まことならぬ夢語りをす  子三人を呼びて、語りけり
 二人の子は情なくいらへて止みぬ 三郎なりける子なむ
 「よき御男ぞ出でこむ」とあはするに この女
 気色いとよし  こと人はいと情なし
 いかでこの在五中将に逢はせてしがなと思ふ心あり
 狩しありきけるに行きあひて道にて馬の口をとりて
 「かうかうなむ思ふ」といひければ
 あはれがりて来て寝にけり (続)

世心つける女 = 色好みの女・「世」は男女の仲
いかで = 何とかして・どうにして
  「あひ得てしがな」に掛かる
心なさけあらむ = 情愛のある
あひ得てしがな = 巡り逢ひたいものだ
言ひ出でむもたよりなさに = 言ひ出さうにも
  そのきっかけがなく
言ひ出でむもたよりなさに = 老女であるため色恋の話を
  するのは気がひけるので見もしない夢に託して
  作り話をする
情なく = そっけなく・同情心もなく
いらへて = 答えて
止みぬ = 取り合はなかった
三郎なりける子 = 三番目の子
よき御男ぞ出でこむ = 立派なお相手が現れることでせう
あはするに = 夢合はせをする・夢解きをする
気色いとよし = 大変機嫌が良かった
こと人はいと情なし = 他の人(業平以外の人)は全く情愛が
  ない(と三郎は心の中で思った)
在五中将 = 在原業平
逢はせてしがな = 男女の契りを結ばせてあげたい
狩しありきけるに = 業平が鷹狩しているのに
行きあひて = 出会って
かうかうなむ思ふ = 母の願い通りに逢って欲しいの意
あはれがり = 三郎の孝心に同情して


(この項 続く)

COMMENT

で、出た!!!

この話を何の本で読んだかは忘れてますけど、ちょっとショッキングでインパクト強い内容なのよねーっ。

因みにアゲハは情けを解せぬ二人の子と同じ意見よ。
普通考えないっしょー、かりに誰か慕う対象がいたとしても....って、それこそ百年に一年足りぬという年齢までゲンキに生きてみなきゃ解らないか。

ねえ、郎女さま

在原業平って『すごい!一発で出るわ』
どんな感じの(いい男)だったんだと思われますぅ???

なにせHandsomeとは縁の無いアゲハ、情けないですけど、現代版で仮に言うと、おソース顔よりお醤油顔ってことにして、歌舞伎の愛之助さん、如何???

業平

今 明日の原稿を書いてました
その最後にちょうど業平のイメージを書いたばかりです
そしてここへ来たらアゲハさんのコメントに
『すごい!一発で出るわ』を見て また驚いた
何故驚いたかは明日になったら分かりますよ
アゲハさんが 私が今作ったばかりの原稿を
覗き見したのかな?と錯覚したくらいですから

歌舞伎の女形は皆んな醤油顔ですね

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。