スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在原なりける男

伊勢物語 (六十五段)
天皇から寵愛されていた女の情を受けて以来 少年時代の
男(業平)は恋に目覚め ただひたすら女のもとに
人目はばからず つきまとった  これが帝の耳に
入っては大変と 女は里に下がった (続)


  むかし おほやけおぼして使う給ふ女の
  色 許されたるありけり
  大御息所とて いますがりけるいとこなりけり
  殿上にさぶらひける在原なりける男の
  まだいと若かりけるを この女あひ知りたりけり
  男 女がた ゆるされたりければ 女のあるところに
  来て向かひ居りければ女「いとかたはなり
  身も亡びなむ かくなせそ」といひければ

思ふには忍ぶることぞ負けにれる
  逢ふにしかへば さもあらばあれ


  といひて曹司におり給へれば例のこの御曹司には
  人の見るをも知らでのぼりゐければ
  この女 思ひわびて里へ行く (続)
逢はずにこらへやうとしても あなたを思ふ心に負けて
しまひました あなたにお逢ひできる喜びに替へられる
のなら 私の身など だうなってもかまひません


おほやけ = ここでは天皇の意
おぼして = ご寵愛になって
使う給ふ女の = 召し使はれる女で
色 許されたる = 禁色(衣の色)を許された女
大御息所 = 皇子・皇女を生んだ女御・更衣
いますがり = 「居り」の尊敬語
いとこ = 藤原高子・後の二条の后
あひ知りたり = 「知る」は男女関係を結ぶこと
女がたゆるされたり = 女のいる所へ出入りを許されていた
かたはなり = 見苦しい
かくなせそ = こんなことは だうかなさらないで下さい
曹司におり給へれば = 自分の部屋にお下がりになられると
里へ行く = 実家へ戻った


ここでは業平が高子よりも年若く描かれています
面白いですね

COMMENT

藤原の

たかいこ で良いのかしらん。
業平は尊貴な姫の愛を受けて『タカピー』になってもいたんでしょうね。
普通、男の方が思いとどまるっしょ。
すくなくとも盗み出したりはしないだろうと。

「陸奥の歌枕を見て参れ」
たとえば....命じられる左遷の言葉も優雅でしたでしょうか。

さしもぐさ

実方ならずとも左遷命令は不快だったでせうね
どんなに命令の表現が優雅であっても
否 優雅であれば却って きつかったかも

芥川「からうじて盗み出でて」 は誘拐ではなく
高子(たかいこ)も合意の上の脱走だったのでしょ?

そうなのかしら。

「あのキラキラしているものは..?」
なんて呑気な質問など、確かにしてられませんでしょうけど。

受身の極みのような女性って、どうも感情移入し難い。
もっとハッキリせいっ!!とか言いたくなります。
【宇治十帖】など最たるもんですね。

はっきり言うって下品だったんでしょーか?

「てめぇは左遷じゃ!このあんぽんたん」
って、やっぱり駄目!?

あ、郎女さま、アゲハは記憶違いしてました。
みちのく云々、これは業平の話ではなかったのね??

政争の妃

源氏物語は田辺聖子著を何れじっくり ゆっくり再読して
みやうと思っています
高子ちゃんは可哀そう 天皇の妃とはいへ清和君は子供
高子ちゃんは恋盛り 業平は未だ男盛り
アゲハさんなら さぁだうします?

私は

自由恋愛破滅型の女です ♥

ですから、空蝉のような自制心の強い女に憧れます。
あーゆー女になりたいと.....。

でも無理です!!

源氏物語

を何度読んだんですか?
私がチャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルト ニ長調を何度も聴いたやうに何度も何度も?

あはは

バイトして買った絹張りの豪華本でしたが、今は見る影もないくらいの有様でーす。

大事に扱ってきたはずなのに、シミだらけ。
汚れは空気に触れて酸化するとすごいのよ。

あのころは他に読む本もなかったような記憶が....。(T_T)

コメント文

  バイトして買った絹張り豪華本
    見る影もなく シミすごいのよ

ここまで考へてコメントされるとは m(_ _)m

あっら~(●^o^●)

考えとらん考えとらん!!

久々に大笑いしてしまいました。

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。