スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在原なりける男(3)

伊勢物語 (六十五段)
帝と男との愛に悩んでいる頃 二人の恋がつひに帝の耳に
入るところとなり男は都の外へ流罪追放となり女は従姉の
家の蔵の中に閉じ込められる 男は夜な夜な地方より女に
逢ひたさに笛を吹き歌を詠って それとなく知らせる (続)


  この帝は顔かたちよくおはしまして仏の御名を御心に
  いれて御声はいとたふとくて申し給ふを聞きて女は
  いたう泣きけり 「かかる君に仕うまつらで
  宿世つたなく悲しきこと この男にほだされて」
  とてなむ泣きける かゝるほどに帝聞こし召しつけて
  この男をば流しつかはしてければ この女のいとこの
  御息所 女をばまかでさせて蔵に籠めてしおり給ふ
  ければ蔵にこもりて泣く

海人の刈る藻にすむ虫のわれからと
  音をこそなかめ世をばうらみじ


  と泣きをれば この男 人の国より夜ごとに来つつ
  笛をいとおもしろく吹きて声はをかしうてぞ
  あはれに歌ひける (続)
自分から招いた不幸だと声を出して泣きはしても
世間を恨んだりは致しません


仏の御名 = 念仏  申し給ふ = 唱へられた
仕うまつらで = お仕えもしないで
宿世つたなく = 運が悪く
かゝるほどに = かうしている内に
聞こし召しつけて = お耳に入れられて
流しつかはしてけり = 遠方に流罪としてやられた
まかでさせて = 宮廷から退出させて
しおり給ふければ = 責められたので・「しおる」折檻する
われから = 藻に住む貝の一種・「我から」への掛詞
  最初の一句二句は「われから」への序詞
音をこそなかめ = 声をあげて泣かうが
  「こそ」「め」は係り結び
人の国 = 流罪された所・夜毎に来ることの出来るやうな
  所ではない 「夜ごと」は物語としての虚構
声はをかしうてぞ = 声は美しく情趣深く


業平が二条の后とのことで流されたといふ記録はなく
六十五段が創作であることは ここでも分かる

COMMENT

音♡

この(音)を『ね』と読んで、これは人の泣き声にも使われるんだと認識するのに時間がかかりましたよ私。

鐘の音の絶ゆる響きに音を添えて
     我が世尽きぬと君に伝えよ

???なんのこっちゃ、でしたの。
おかしいでしょ。


鐘の音

さすが源氏博士 スッと出てくるんですねぇ

「音をこそなかめ」は前句が「虫のわれからと」のためだと思ってます

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。