スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三人の男

万葉集 巻第十六の目録より
 三の男の共に一の女を娉ひしに娘子の嘆息きて水底に
 沈没みし時に哀傷に勝へず各々心を陳べて作れる歌三首

16-3789 足曳之山縵之兒今日徃跡 吾尓告世婆還來麻之乎


あしひきの山縵の子今日往くと
  我に告げせば還り来ましを


山の日陰の縵 その名を持つ縵児よ
今日が死出の旅立ちと私にだけほのめかしてくれたなら
あなたのところへ飛んで帰って来たのに


この歌には次のような序詞があります

  或は曰く昔三の男ありき同に一の女を娉ふ
  娘子 嘆息きて曰く「一の女の身の滅易きこと露の如く
  三の雄の志の平び難きこと石の如し」といふ
  遂にすなはち池の上に彷徨り水底に沈没みき
  時にその壮士等 哀頽の至に勝へずして各々所心を
  陳べて作れる歌三首 (娘子 字を縵兒と曰ふ)
他の二人の男が詠んだ歌は

16-3788 無耳之池羊蹄恨之吾妹兒之 來乍潜者水波将涸
16-3790 足曳之玉縵之兒如今日 何隈乎見管來尓監

耳成の池し恨めし我妹子が
  来つつ潜かば水は涸れなむ

あしひきの山縵の子今日のごと
  いづれの隈を見つつ来にけむ


16-3789 の歌意は参考書では上述の通りですが
私はこんな風に解釈したかったのです


縵児(かづらこ)よ 三の男の為に自分を犠牲にする気持で
いたのなら もしそのことを ちょっとでも私に言って
くれていたなら せめて私だけでも身を引いて
お前に逢はずに帰っていただらうに
そしたらお前も死なずに済んだかも知れない


このやうな解釈が誤りであることは分かっているのですが
三の男の内 一人くらいは娘子の死の責任を自分に向けて
欲しかったのです

COMMENT

えっ??

コメント記したのに無くなってる。

モテモテも・・・

物事には限度ってものがあるんですねぇ~

もてすぎるのも、相手の気持ちになりすぎるもの・・・。

思ふ人

島倉千代子の歌に
♪♪♪思う人には思われず思わぬ人の言うまま気まま
秋桜小町はいつもモテモテ (^0^)/

アゲハさん コメントはいつ?
今朝は「現代の歌」が最終でしたよ

そーとーなボンヤリ

送信キーを押したと思っただけかしら?

あ~ん
ごめんなさい、アゲハお疲れm(__)m
なんだわきっと。

思い起こせばその昔、アゲハも複数の人から恋われて.....今は頭がコワレて。

いえ、こんなしょーもないオチは無かったはず。
    

真相

モテモテなのに、なぜゆえ、死なねばならなかったのか?

おそらく、身分の低い方が一番好きだったのでしょう。

相思相愛であっても、あの時代は
恋する方が身分の違いで迫害されるでしょうから・・・。

だからと言って、意中の方がいるのに
身分の高い方に添うなんてできなかったのでしょうねぇ~。(涙)

この女人は高潔な方だったのでしょう。

たとえば、わたくしのような・・・。^^;

かぐや姫

当時の恋愛模様は古典の解説でしか分かりませんが
解説者によって解釈もことなるので私はそれを読んで
また私なりに勝手にいろいろと想像しています

アフロディーテさんは情熱の人でしょ? (^0^)/

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。