スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姉歯の松(2)

伊勢物語 (十四段)
  夜深く出でにければ女


夜も明けばきつにはめなでくたかけの
  まだきに鳴きてせなをやりつる


  といへるに 男「京へなむまかる」とて


栗原のあねはの松の人ならば
  都のつとにいざといはましを


  といへりければ
  よろこぼひて「思ひけらし」とぞいひをりける


夜が明けたらあの鶏め水槽にぶち込んでやる
鶏め 早すぎる時刻に鳴いてあの人を帰らせてしまった


栗原の姉歯の松が人であるなら都への土産に
「さぁ一緒に」と言ひたいところですが・・
  (あなたはこの地を離れられない姉歯の松)
夜深く出で = まだ夜の深いうちに男は女の家を出た
きつ = 水桶  はめなで = はめてやる・ぶち込んでやる
くたかけ = 鶏(この鶏め)  せな = 女から男を指す
京へなむまかる = 都へ帰ります
よろこぼひて = 女はすっかり喜んで
思ひけらし = あの人は私を愛していたのだ
いひをりける = 人々に話した


ここでも作者は田舎者の女を冷笑しています
夜深く出でにければ・・即ち女に魅力を感じなかった
きつにはめなでくたかけの・・方言まる出し
女は男の歌を誤解・・松を待つとでも受取ったのでせうか
男の歌の裏の意は「お前は田舎者 都へは連れて行けぬ」

COMMENT

鄙には

鄙の相応しい相手もありましょう。

朝霧の晴れ間も待たぬけしきにて
       花に心をとめぬとぞ見る

こういう結果ですね。
これは源氏がさる女人の元から帰るとき、侍女から詠みかけられたんです...たしか。

「もう、陽が登るのもじきです、ささ、お早くお帰りのお支度を」
促されて大儀大儀と帰る相手を見送るようなのがいいんでしょうね。

悲しさ

田舎の女にこのやうな歌が詠へたなら
男も もうしばらくは側にいたでせうね
この女には単に田舎者といふだけでなく
奥ゆかしさといったものがなかったのでは?

陸奥の歌枕 松の三木

陸奥の松の三木。①姉歯の松 ②武隈の松 ③阿古耶の松 ③の所に住む者です。関心のある方のメッセージを待っています。

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。