スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狩の使(3)

伊勢物語 (六十九段)
昨夜のはかない逢瀬を今夜こそと思って狩に出かけたが
気もそぞろに待ちわびた  しかし国の守の酒宴が夜通し
催されて二人だけの逢瀬はなかった  夜もいよいよ明け
別れの時が近づいたので あわただしく歌の唱和を交した
だけで次の尾張の国へと旅立ったのでした

  つとめて いぶかしけれど わが人をやるべきにし
  あらねば いと心もとなくて待ち居れば明けはなれて
  しばしあるに女のもとより ことばはなくて


君や来し我や行きけむおもほえず
  夢か現か寝てかさめてか


  男いといたう泣きてよめる


かきくらす心の闇にまどひにき
  夢うつつとは今宵定めよ


  とよみてやりて狩に出でぬ  野にありけど心は空にて
  今宵だに人しづめて いととく逢はむと思ふに
  国の守 斎宮のかみかけたる狩の使ありと聞きて
  夜ひと夜酒飲みしければ もはらあひごともえせで
  明けば尾張の国へ立ちなむとすれば男も人知れず
  血の涙を流せど え逢はず (続)
あの時あなたがやって来たのでせうか
それとも私が訪れたのでせうか
私には分かりません
あれは現実だったのでせうか
それとも夢だったのでせうか


あの時 真暗闇にも似た心の乱れの中で私は
何が何やら分からなくなってしまひました
逢瀬が夢だったか現実であったか
今夜もう一度来て はっきりとさせて下さい


つとめて = 翌朝
いぶかし = 気になって気持がすっきりしなし
わが人 = 自分の方の使
ことばはなくて = 詞はなくて・手紙の文句はなくて
今宵だに = せめて今夜だけでも
国の守 斎宮のかみかけたる = 伊勢の国の長官で
  斎宮寮の長官を兼任している人  斎宮のかみ(頭)
夜ひと夜 = 一晩中・夜通し
もはらあひごともえせで = 全く逢って語らふことも出来ず
え逢はず = だうしても逢へない


こんな時に宴会なんかして欲しくなかったのに
業平はさう思ったに違ひありません

COMMENT

こんちは!

http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/で取り上げられていたので、見にきました。僕もブログをはじめようカナと思っています。又見に来ますね(^^)ノシ

ふと、こんな歌を

連想しました。

逢い見ての後の想いにくらぶれば
     昔はものをおもわざりけり

実は先刻のコメントが入ってないんです、何故かしら~

ブログ

鈴木さん いらっしゃい ♪♪♪
http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/で取り上げられていたって どこでせうね
見てみましたが見当たりませんでした

ブログ頑張って下さいね。
私は去年の8月に始めたばかりです

コメント

逢ひ見ての・・・
http://kassandra.blog18.fc2.com/blog-entry-60.html
ですね?

コメント 不思議ですねぇ
私の今日のブログの前? あと?

ぶっとび感あり

かも知れませんが、

(思い乱れて夢か現か....今度こそハッキリと)
などと言う歌なので、あまりハッキリとしないほうが良い事もしばしばある訳でと、そう思いましたら
(逢い見ての....)
になりました。

この歌の作者自身の心境か否か、以外にも渇望した逢瀬の後では、微かに冷めた、しらじらしい想いが底に横たわるのに気付きはしないでしょうか??

夢か現か

夢か現か寝てかさめてか

私には とてもよく理解出来るのですが・・
経験者語る??? (^0^)/

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。