スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行く蛍

伊勢物語 (四十五段)
親に大事に育てられてきた内気な女が ある男を恋しく思ひ
心の中を打ち明けやうとしたが それも出来ないでいる内に
思ひがつのって病になり死ぬ折にそれを告白すると親は
それを聞きつけて男を呼ぶが女は死んでしまった
男はその家に留まり女を物憂く偲ぶ歌を詠む

  むかし男ありけり 人のむすめのかしづく いかでこの
  男にものいはむと思けり うち出でむことかたくや
  ありけむ もの病みになりて死ぬべき時に
  「かくこそ思ひしか」といひけるを親聞きつけて
  泣く泣く告げたりければ まどひ来たりけれど
  死にければ つれづれと こもり居りけり
  時は水無月のつごもり いと暑きころほひに宵は
  遊びをりて夜ふけて やや涼しき風吹きけり
  蛍高く飛びあがる この男見臥せりて


ゆく蛍 雲のうへまで去ぬべくは
  秋風ふくと雁につげこせ


暮れがたき夏の日ぐらしながむれば
  そのこととなく ものぞ悲しき


空飛ぶ蛍よ 雲の上まで飛んでゆくなら下界は はや秋風が
吹き雁のやってくる季節が来ましたと雁に告げておくれ

なかなか暮れない夏の一日中しみじみと物思ひに耽って
いると 何といふこともなしに物悲しくなる
人のむすめのかしづく = ある親の大切にしている娘が
  かしづいているのは親である
いかで = 何とかして
ものいはむ = 心を打ち明けやう
うち出でむこと = 口に言ひ出すこと
かたくやありけむ = 難しかったのであらうか
死ぬべき時 = 死にさうになった時
かくこそ思ひしか = このやうに思っていました
  親に恋の想ひを告白した
まどひ = だうしてよいか分からない気持で
つれづれと = だうしやうもなく思ひ沈むさま
こもり居りけり = 女の喪に服して家に引籠っていた
水無月のつごもり = 陰暦六月の末
宵は遊びをりて = 宵の内は管弦の楽を催して過し
  「遊び」といへば「管弦」
見臥せりて = 臥せったまま見て
去ぬべくは = 行く事が出来るのなら
つげこせ = 告げておくれ  日ぐらし = 一日中
ながむれば = しみじみと物思ひに耽っていること
そのこととなく = 何といふことはなしに


この男にとっては甚だ迷惑な話ですね
自分の存在が原因であるとはいへ
その女の喪に服さなければならないとは

今の世 焦がれ死するやうな女性もいなければ
業平のやうに優しく思ひ遣りのある男性もおりませんよね

COMMENT

端的に言えば

今時、はやらないんですね。
そーとーなストレスだったんでしょう。
南無阿弥陀仏.......顔

憤死

なんてことも確か「三国志」に出てきたやうな・・・
怒哀は何れも度が過ぎると身体によくありませんね

かおもじ


作り損ねてますね。お間抜け!!

m(__)m

やっと意味が分かりました (^0^)/

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。