スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安祥寺のみわざ

伊勢物語 (七十七段)
文徳天皇の女御 多賀幾子の法事が安祥寺で行はれた折
女御の兄 右大将常行が歌人を集めて歌を詠ませられた
その時 右馬頭の翁が詠んだ歌が人々を感心させた

 むかし田邑の帝と申すみかど おはしましけり
 その時の女御 多賀幾子と申す みまそがりけり
 それ失せたまひて安祥寺にてみわざしけり 人人
 捧げもの奉りけり 奉りあつめたる物 千捧ばかりあり
 そこばくの捧げものを木の枝につけて堂の前にたて
 たれば 山もさらに堂の前にうごき出でたるやうになむ
 見えける  それを右大将にいまそがりける藤原の
 常行と申すいまそがりて 講の終はるほどに歌よむ人人
 を召しあつめて今日のみわざを題にて春の心ばえある歌
 奉らせたまふ
 右の馬の頭なりける翁 目は たがひながらよみける


山のみな うつりて今日にあふ事は
  春の別れをとふとなるべし


 とよみけるを いま見れば よくもあらざりけり
 そのかみは これや まさりけむ あはれがりけり


山といふ山が皆この堂の前に移って来て今日の法事に
出会ふことは 美しい方の春の死別を弔ふためでせう
おはしましけり = いらっしゃった
みまそがりけり = いらっしゃった
いまそがりて = いらっしゃった
  尊意の順は 上記の順
みわざしけり = 法事を営んだ
捧げもの = 一般に木の枝につけて供へた
千捧 = 沢山の・「捧」(ささげ)は供物を数へる単位
そこばくの = 沢山の
山もさらに堂の前にうごき出でたるやうに = 山が
  (供物をつけた多くの木の山を 山と見立てた)
  新たにお堂の前に移ってきたやうに
目はたがひながら = 供物の山を実際の山と見違へたままで
  (老人のため目がよく見えなかったことをいふ)
今日にあふ事は = 今日の法事に出会ふ事は
春の別れ = 春の死別・四十九日の法事は最後の
  ものなので「別れ」といった
とふとなるべし = 弔ふといふことであらう
よくもあらざりけり = よくもなかった 作者が作中の
  人の歌を批評したもの
そのかみ = その当時
あはれがりけり = しみじみ感心したのだった


「山のみな」の歌について「いま見れば よくも
あらざりけり」と歌の内容について批判がましいことを
言っている  この場合の批評は自分自身の作に対して
儀礼的にする「卑下謙退の辞」
右の馬の頭なりける翁 即ち業平が書いたのだといふ
実感を持たせやうとしている

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。