スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渚の院の桜

伊勢物語 (八十二段)

惟喬親王はその離宮 水無瀬宮を毎年花見に連れて行く
右馬頭とともに訪れた 鷹狩はそっちのけで交野の渚の
院の見事な桜を髪飾りとして身分の上下なく皆で桜の
素晴らしさを歌に詠みこみあった その桜の木の下を
立ち去って離宮に戻る頃には日は暮れてしまった

  むかし惟喬の親王と申す親王おはしましけり 山崎の
  あなたに水無瀬といふ所に宮ありけり 年ごとの桜の
  花ざかりには その宮へなむおはしましける その時
  右の馬の頭なりける人を常に率ておはしましけり
  時世へて久しくなりにければ その人の名忘れにけり
  狩はねむごろにもせで酒をのみ飲みつつ やまと歌に
  かかれりけり いま狩する交野の渚の家 その院の桜
  ことにおもしろし その木のもとにおりゐて枝を
  折りてかざしにさして上中下みな歌よみけり
  馬の頭なりける人のよめる


世中に絶えて桜のなかりせば
  春の心はのどけからまし


  となむよみたりける また人の歌


散ればこそいとど桜はめでたけれ
  うき世になにか久しかるべき


  とて その木のもとは立ちてかへるに
  日ぐれになりぬ (続)
世の中に桜といふものがなかったならば
春を愛する人の心は さぞのびやかなことであらう

惜しまれながら潔く散るからこそ ますます桜は素晴らしい
この憂き世に何が一体 命ながらへていられませうや


山崎のあなた = 京都から見て水無瀬は山崎の向こう
水無瀬 = 阪急京都線 水無瀬 その北東にJR山崎
おはしましける = その離宮へお出かけになられた
常に率て = 桜見の都度いつも業平を連れて
その人の名忘れにけり = 右馬頭の名を忘れてしまった
狩はねむごろにもせで = 鷹狩にはそれほど心を入れないで
やまと歌にかかれりけり = 和歌を作るのにとりかかって
  いたのであった
渚の家 = 淀川近くに院
おりゐて = 馬からおりて腰をおろして
上中下みな = 親王の供人で身分の上中下の者すべて
木のもとは = 「は」そこは一応離れたが
  他へも寄ったのであらう


私はずっと以前「世中に」は「からまじ」だと思っていた
桜がなかったら「のどやか」な気持になれないと
思ったからです
歌意は全く逆でした
 春を愛する人の心は桜の花に愛着を感じて
 開花に歓喜を知り散ることで惜春の情にくれるので
 風が吹いたり雨が降ったりするとその都度心を痛め
 いっそのこと桜がなければ気苦労も少ないであらう
の意だったのです

COMMENT

あ、なる。

故にしたの歌が生きてきますね。

やどりして春の山辺に寝たる夜は
        夢のうちにも花ぞ散りける
                         by貫之

貫之

志賀の山越へに女のおほくあへりけるに
よみてつかはしける  貫之
  あづさ弓 春の山辺を越えくれば
      道もさりあへず花の散りける

は如何? (^0^)/

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。