スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小野の雪

伊勢物語 (八十三段)

孤独の親王は狩に馬の頭を伴って行っては馬の頭を
帰さうとはしなかった 馬の頭も誠実に奉仕したが
親王は突然出家されて小野に隠棲された
正月に雪の中 小野の御庵室を訪れ 余りに変り果てた
いたましい親王の姿に心を痛めるが正月の行事が待って
いるので残って傷心の親王をお慰め出来ず泣く泣く
帰って来る

  むかし水無瀬にかよひ給し惟喬の親王 例の狩しに
  おはします供に馬の頭なる翁つかうまつれり
  日ごろ経て宮にかへり給うけり 御送りして とく
  去なむと思ふに大御酒たまひ禄たまはむとて
  つかはさざりけり この馬の頭 心もとながりて


枕とて草ひき結ぶこともせじ
  秋の夜とだに頼まれなくに


  とよみける 時はやよひのつごもりなりけり
  親王 大殿籠らで明かし給うてけり(続)


枕をするといってここで草を結んで旅寝はすまい
今は春の短か夜で 秋の夜長のように当てにして
ゆるりと出来ませんので
例の狩しにおはします = いつものやうに狩に行かれる
馬の頭 = 業平  つかうまつれり = お仕へ申し上げた
日ごろ経て = 水無瀬で何日かたって
宮に = 都の御殿に
とく去なむ = 早くわが家に帰らう
禄たまはむとて = ご褒美を下さらうと言って
つかはさざりけり = お帰しにならなかった
心もとながりて = 早く帰りたいと思って待ち遠しく
  じれったく思って
枕とて草ひき結ぶ = ここでは宮の御殿に泊まること
  この場合 自分の家以外で寝ることを旅寝と言った
大殿籠らで = 寝ないで 「おほとのごもる」は「寝る」


惟喬親王は業平に側にいて欲しかったのです

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。