スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安積香山

万葉集 巻第十六 由縁ある雑歌

16-3807 安積香山影副所見山井之 淺心乎吾念莫國


安積香山影さへ見ゆる山の井の
  浅き心をわが思はなくに


  右の歌は伝へて云はく「葛城王の陸奥の国に遣さえし
  時に国司の祗承 緩怠なること異に甚だし
  時に王の意に悦びず怒りの色面に顕る 飯饌を設け
  ども肯へて宴楽せず ここに前の采女あり 風流び
  たる娘子なり 左手に觴を捧げ右の手に水を持ち
  王の膝を撃ちてこの歌を詠みき すなはち王の意解け
  悦びて楽飲すること終日なりき」といへり


安積香山の姿までも映し出す清らかな山の井
浅いその井のやうな浅はかな心で
私がお慕ひしているわけではありませんのに


葛城王が陸奥の国に派遣された時に国司の応対の仕方が
大変なおざりだったので王はひどく不快になり
怒りの表情がありありと見えた そして接待の酒宴を
準備したにも拘らず だうしても打ち解けて宴に興じやう
とはしなかった そこに前の采女であった女がいた
都風の教養を身に付けた女であった 左手に盃を捧げ
右手には水の入った器を持ち その水器で王の膝に拍子を
打ちながら この歌を詠んだ そこで王の気持はすっかり
ほぐれて終日楽しく飲んで過ごしたといふ

COMMENT

ご機嫌を取り結ぶ術を心得ている女は大人ですね。
それに引き換え葛城の王の子供っぽいこと.....。

もっとも人を持て成す側に志があれば不興を買うことも無い訳ですから、あまり歓迎されてなかったのかしらん?

君が為春の野にいでて若菜つむ
        我が衣手に雪は降りつつ

これですよ。
(光孝天皇が皇子時代に詠まれた歌らしいですが、実際に雪の中で摘まれたか否かは.....?天智天皇の、我が衣手は、の例もありますから)

歌会

エリートはえてして人に好かれない
高級クラブへ連れて行って美女がご機嫌をとれば・・・

天皇の袖に雪が降ったり露に濡れたりすることはなかったでせうね
代わりのの人が作ったのでなければ歌会での想像歌といふ気がします

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。