スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角のふくれ

万葉集 巻第十六 由縁ある雑歌

16-3821 美麗物何所不飽矣坂門等之
  角乃布久礼尓四具比相尓計六


うましもの何所飽かじを尺度らが
  角のふくれにしぐひ合ひにけむ


  右は時に娘子あり姓は尺度氏なり この娘子 高き姓の
  美人の誂ふるを聴さずて下き姓の醜士の誂ふるを
  応許しき ここに兒部女王のこの歌を裁作りて彼の愚
  なるを嗤咲へり


美しい女はどんな男とだって結婚できるのに
尺度の娘はだうして角のふくれたやうな醜男と
一緒になったのでせうねぇ


美麗物 = うましもの・くはしもの 美しい女性
何所不飽 = 何所飽かじを・いづくか飽かじ
矣坂門等之 = 尺度らが・さかとらし
角のふくれ = 醜男の形容


或るとき一人の女がいた 生まれは尺度氏であった
この女は素性の良い美男子の求婚に耳を貸さず
素性の賤しい醜男の申し出を受けた そこで兒部女王は
この歌を作ってその愚行を嘲け笑った

COMMENT

角のふくれ

こちらでは初めて書き込ませていただきます.

 どう解釈したらいいのかわからないですけど,ちょっとからかってみた,という感じの歌なんでしょうか.「角のふくれ」という表現も,なんだかよくわからないなりに,ゆかしい言葉だなあと思います.どういう由来なんでしょうね.

 ラテン語も面白いのですが,日本の歌に立ち返ってみると,自分にもやっぱり日本人のDNAがあるなあ,と思いました.これからも色々な歌を紹介して下さい.

御室の桜

「角のふくれ」中西進 :著 の解説によりますと
「醜く瘤のかたまりのやうな男か」
「角氏といふ男ではない」とあります

別の方の著では「角」は「角氏」で
「ふくれ」は「肥えている・ふとっちょ」となっています
まだ他にも異説があるやに聞いています

京都では鼻の低い人のことを「御室の桜」と言ひます
仁和寺「御室の桜」は樹高が低いことから 花(鼻)が低い

「御室の桜」はまた「お多福桜」とも呼ばれ
「わたしゃお多福 御室の桜 はなが低くても人が好く」

「角のふくれ」に比べて「御室の桜」は分かり易いですね

ほほ、なるほど

このごろはみんな美しくなられて。オタフクやら隼人やらは見かける事がないとか言われますね。

古代の日本人とかけて山桜ととく....そのこころは
「鼻より歯がさきに出ている」....とか.....。

「花よりも葉が先に出る山桜」でしたm(__)m

明石家

上のコメント 明石家さんまさんが見られないことを祈ります (^0^)/

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。