スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童女放髪

万葉集 巻第十六 由縁ある雑歌

16-3822 橘寺之長屋尓吾率宿之
       童女波奈理波髪上都良武可

16-3823 橘之光有長屋尓吾率宿之
       宇奈為放尓髪擧都良武香

  古歌に曰く


橘の寺の長屋にわが率寝し
  童女放髪は髪上げつらむか


  右の歌は椎野連長年 説きて曰く「それ寺家の屋は
  俗人の寝る処にあらず また若冠女を称ひて放髪丱と
  いふ 然らばすなはち腰句すでに放髪丱と云へれば
  尾句に重ねて著冠の辞を云ふべからざるか」といへり
  決めて曰く


橘の照れる長屋にわが率寝し
  童女放髪に髪上げつらむか
橘寺の長屋に連れてきて寝た童女放髪のあの娘は
もう一人前に髪を結ひ上げているだらうか


右の歌について椎野連長年が解説した 「そもそも寺の
長屋は俗人の寝られる場所ではない それに成人の髪上げ
した女をこそ放髪丱といふのだ だとすれば第四句に既に
放髪丱と言っている以上 結句に再び髪上げのことを言ふ
べきではない」と そして正しくはかうだ と言って詠んだ


橘の照り映える長屋に連れてきて寝たあの娘は
もうお下げ髪を一人前に髪を結ひ上げているだらうか


童女 = うなゐ・八歳位の女の子の髪
放髪 = はなり・十四~十五歳位の女の子のお下げ髪
  3822 では「童女放髪」を一語として女の子を指す
髪上げ = 成人した女が髪を結い上げること


椎野連長年は前の古歌に難癖をつけて得意がっている
寺の長屋といふのはおかしいと言って「寺」を外し
第四句を「童女」と「放髪」の二語に分けて
「童女が放髪に髪上げ」の意に変更した

現代でも言葉にケチをつけたがる人は少なくない
私が若かった頃の或る上司は 社用文の最後の
「宜しくお願いします」は目的語がないので意味がない
「○○することにつき 宜しくお願いします」
と書かなければならない と言ってきかなかった

奥さんが「湯を沸かす」と言ったら「水を沸かす」だろ?
と言ったかだうかは知らない

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。