スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝間田の池

万葉集 巻第十六 由縁ある雑歌

16-3835 勝間田之池者我知蓮無 然言君之鬚無如之

  新田部親王に献れる歌一首 いまだ詳らかならず


勝間田の池はわれ知る蓮なし
  しか言ふ君が鬚なき如し


勝間田の池は私は知っています 蓮などありません
さう言ふあなたに 鬚がないのと同じです


  右は或る人ありて聞けり 曰はく「新田部親王 堵の
  裏に出て遊び勝間田の池を見まして 御心の中に
  感でませり 彼の池より還りて怜愛に忍びず 時に
  婦人に語り曰はく『今日遊行でて勝間田池を見るに
  水影濤濤に蓮花灼灼なり おもしろきこと腸を断ち
  え言ふべからず』といふ すなわは婦人この戯の歌
  を作りてもはら吟詠ひき」といへり
右の歌は或る人が聞くところによると次のやうである
新田部親王が都の中を散策して勝間田の池をご覧になり
深く感動された 池から帰ってからもその感動を黙って
いることが出来なかった その時 一人の婦人に語って
言ふには「今日 出かけて行って勝間田の池を見ると
水面は一面にみなぎり波立ち蓮の花は輝くほどてあった
その素晴らしさはもうたへられない程 何とも言ひやうが
ない」と  すると婦人はすぐさまこの戯の歌を作って
幾度も朗々と吟じたといふ


新田部親王は勝間田の池の素晴らしさを誇張してありも
しない蓮の花の話をしてしまったのですが
少し似た話が「知ったかぶりをする」譬えの「白川夜船」

白川は鴨川に注ぐ狭く浅い川で船など通れないのですが
京へ行ったことのない人が白川のことを尋ねられて
「白川は船で渡ったが ぐっすり寝ていたので分からない」
と答えたことが「白川夜船」
一説には地名の「白川」を聞かれて上のやうに答えたとも

このことから「白川夜船」は「ぐっすり眠る」にも使用
されています

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。