スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の夕顔

源氏物語 夕顔

  さらば その宮仕人ななり したり顔にもの馴れて
  言へるかなと めざましかるべき際にやあらむと思せど
  さして聞こえかかれる心の憎からず過ぐしがたきぞ
  例のこの方には重からぬ御心なめるかし 御畳紙に
  いたうあらぬさまに書き変へたまひて


寄りてこそそれかとも見めたそかれに
  ほのぼの見つる花の夕顔


  ありつる御随身して遣はす


もっと近寄って誰だかはっきり見たらだうでせう
夕暮れ時に仄かにご覧になった夕顔を
 (親しく付き合ってみませんか)


源氏は「では贈歌の主はその宮仕へだな? したり顔に
もの馴れて詠みかけてきたものよ」と 相手として不足な
ほど身分の低い者であらうか などと考へたが自分を目指
して歌を贈ってきた心根がいとしく見過ごし難く思はれる
のは例の女のことにかけては慎重でないご性分なのだらう
畳紙にすっかり筆跡を変へてお書きになって

COMMENT

夕顔

朝顔が少女とするならば、夕顔はしとやかな大人の女性のイメージが湧きますね。
朝顔夕顔の咲く季節が近づいています。

朝顔

朝顔の苗を5本植えました
今年は種を大事に残す事にします
夕顔は育てるのが難しいと聞いたことがあります
育てにくい? 人間も年季が入ると・・・

土のベット

朝顔を5本ですか。楽しみですね。

ところで、花が終わって次の種や苗を植える前の土のベッドはどのように整えられていますか?

私は石灰と油粕か鶏糞を混ぜて植えるんですが・・・。
不老郎女さんの土のベッドつくりを教えてくださいませ。

ちと、場違いな質問をしてしまいました。
すみません。v-22

花の土

熊手のような手鍬で土を掘り 腐葉土を混ぜ込んでいます 肥料はマグアンプK しか使用したことが
ないのですが・・(上記と一緒に混ぜ込む)

ただスイートピーに関しては 種が出来始めた頃に
油粕をタップリ蒔きました
昨日 種を取りスイートピーは終了しましたe

アドバイス

ありがとうございました。v-238

さてさて、何を植えようかしら?v-10

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。