スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の祭

京都には 京都三大祭 と 京都三大奇祭 があります

三大祭は
「葵祭」 「祇園祭」 「時代祭」
三大奇祭は 「やすらい祭り」 「鞍馬の火祭」 「牛祭」

「葵祭」(賀茂祭) 上賀茂神社・下鴨神社の例祭 5月15日
「祇園祭」(祇園御霊会) 八坂神社の祭礼 7月(17日)
「時代祭」 平安神宮 10月22日 平安遷都を記念した祭

「やすらい祭り」 今宮神社 4月の第2日曜日
「鞍馬の火祭」 由岐神社の例祭 10月22日
「牛祭」 広隆寺 10月10日 (現在は中止)

お祭りの好きな京都人にとって 10月22日は忙しい
「時代祭」も見たいし 夜は炎が夜空を焦がす「鞍馬の
火祭」に間に合ふやう急がなければなりません


名物「やき餅」(正しくは葵餅) 上賀茂神社
名物「稚児餅」 八坂神社 7月後半のみ
名物「行者餅」 八坂神社 7月16日のみ販売

名物「あぶり餅」 今宮神社の門前名物
名物「みたらし団子」 下鴨神社


三大祭については何れ改めてお話したひと思ひます

COMMENT

私は

祇園祭りしか実際には見た事ありませんが、確かに大掛かりで華やかで圧倒されるイベントではあります。
地方都市のこちらでは決して見る事の出来ない壮観さですが、ま、それにも増してビックリしますのはゴミの量ですねっ!!!

私は パート2

祇園祭しか認識できませんでした。
無知なわたくしはつい名物に目が釘付けになりました。
「やき餅」(正しくは葵餅) 
「稚児餅」 「行者餅」 「あぶり餅」 「みたらし団子」
この名物も  「みたらし団子」しか認識できません。
味わってみたいわ~v-238

そういえば、和宮さまの登場箇所に秋桜小町さんがコメントされていますよ。

私は パート3

あぶり餅だったと思いますが、細い竹串に刺したものをとっとことっとこ頂いた事があります。
いやいや美味でした!!!

あの時は3泊4日の寺社巡りにタクシードライバーさんを雇って連れ歩いて戴いたんですけど、そのドライバーさんが美味しいですよって奨めて下さったんですよん。

祇園祭

私は何度か見に行きました
四条河原町(高島屋前)での辻廻しを見るために

名物餅や団子 私が食べたことのあるのは団子だけ

味見も

>ドライバーさんが美味しいですよって奨めて下さったんですよん。

不老郎女さん、知識だけでなく
舌も使うと、京都がより詳しくなると思います。
カイドさんやドライバーさんのオススメは
試したくなるし、ほかの事を忘れても
印象深く残りますから、舌に。v-8

舌の記憶

アフロディ~テさん
>ドライバーさんが美味しいですよって奨めて・・
は アゲハさんのコメントですよん
私の舌が京料理の美味に超驚いたのは 「湯葉」
http://kassandra.blog18.fc2.com/blog-entry-321.html
でもあれ以来あのやうな湯葉は食していません
値段がねぇ・・・

湯葉のお刺身

って美味しいですよねっ!

ところで(ゆ)つながりですが、『ゆべし』というものを食べたことがありません。
一度賞味したいでっす。
おお、きりたんぽも、たたみいわしも、ほやも食ったことないぞ!

柚餅子

ゆべし(柚餅子) 食べたことあるやうな ないやうな
懐石料理なんかで出てきても気づかずにパクッと
何でも美味しいものはチョッピリしかない

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。