スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平安京

右が左 左が右

京都全体が見渡せる地図を広げて見ますと「右京区」が
地図の左側(西)に 「左京区」が右上側(北東)にあります
このことを初めて知った時は本当に驚きました


平安京の概略図などを見ますと更にはっきりと
朱雀大路(現在の千本通辺り)を中心に西側が「右京」
東側が「左京」と記載されています
ちなみに朱雀大路の道幅は八十五米もあったさうです

平安宮(大内裏)で南向きに座られた天皇から見て
左が「左京」 右が「右京」であることが由縁であること
を聞かされて納得

両京は「東京(ひがしのきょう)」「西京(にしのきょう)」
とも呼ばれ更には中国の都になぞらへて東京を「洛陽城」
西京を「長安城」とも称していました
大阪駅・京都駅・名古屋駅

私がまだ会社勤務をしておりました頃 大阪が一番長かっ
たせいもあって大阪駅正面口で駅を背をして立ちますと
南向きとなり目の前に阪神百貨店 目をつむっても
そのずぅっと向こうに難波があることは想定出来ました

ところが京都駅正面口で駅を背をして立ちますと北を向
いていることは頭では分かっていても大阪駅での感覚が
残っているせいか南を向いているやうな錯覚にとらわれ
たものです 今でも京都駅のプラットフォームに立ちま
すと線路の延長上に大阪駅を思ひ起こして大阪駅の南北
をイメージし位置関係を確認します


名古屋駅での苦い経験は名古屋駅正面口で駅を背をして
立った時 北を向いていると勘違いしたことに起因する
電話での恥といふか失敗
名古屋駅を背に桜通をまっすぐに行けばテレビ塔のある
方角であることは合っていたのですが それが北に向かっ
いるものとばかり思っていたのです まさか東に向かって
いたとは
名古屋駅のプラットフォームは南北に長いのです

それでは東京駅は
丸の内が駅の西側 八重洲が東側です 五年半の通勤で
それは分かるのですが 新幹線を降りてから京葉線のプ
ラットフォームまでの過程で 今どちらを向いているのか
分かりますか?

COMMENT

何度行っても

アゲハには解らずじまい。
誰しも体内に羅針盤というか、磁石を有すると聞きますが、私には無いみたい。
でも、一人で東京に行きますね、無謀だ。

京葉線

京葉線通勤じゃなくて京葉線乗り場まで標識見ないで
スンナリ行ける人はスゴイ! と思ふ
東京の地下鉄 全部分かる人も

そーゆーの

覚えるのが趣味って人以外、全部把握している人いないんじゃなぁい??
それぞれ自分の目的地までのルートくらいじゃないかなって....方角オンチの負け惜しみじやなく思う。

東京の地下鉄

わたしが横浜・東京にいたのは唱和43-48年
その当時でも東京の地下鉄は路線が多くて
チンプンカンプンでした
あの頃 大阪にはまだ御堂筋線しかなかったと記憶してます
今の京都の地下鉄路線よりシンプル

京葉線

東京の地下鉄は迷路で標識頼みですね。
名古屋駅の向きが東とは気が付きませんでしたね。
駅は南向きと、思い込んでいたようです。
こんなふうに考えると、見逃していることが多いですね。

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。