スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園祭

いよいよ今日から 祇園祭 が始まります
祇園祭は 古くは祇園御霊会(ごりょうえ) 或は祇園会と
呼ばれた八坂神社の祭礼です
八坂神社は嘗て「祇園社」「牛頭天王(ごずてんのう)社」
などと呼ばれていましたが明治元年に「八坂神社」と改称
素戔嗚尊(すさのをのみこと)・櫛稲田姫命・八柱神子神が
祀られています

牛頭天王が旅の途中 巨旦将来(こたんしょうらい)に宿を
請ふたところ巨旦は裕福であるにも拘らずこれを断り
蘇民将来(そみんしょうらい)は貧乏であったが粟を食事
としてもてなした

牛頭天王はこれに感謝し「我は素盞嗚尊である」と名乗り
「後世 疫病が流行った時『蘇民将来之子孫也』と言って
茅(かや)の輪を腰に付ければ あなたの子孫はその難を免
れるであらう」と言ったと伝へられる

祇園祭は今日七月一日の「吉符入り」に始まり
ハイライトは何といっても十七日(今年は祝日 海の日)の
山鉾巡行 そして三十一日にはに蘇民将来をお祀りして
ある「疫神社」(八坂神社境内)で「夏越祓」が行はれて
一ケ月に亘る祇園祭が終ります


山鉾巡行の由来
貞観十一年(869)に疫病が流行った時「これは牛頭天王の
祟りである」とのことから卜部日良麿が勅を奉じて六十六
本の矛を立てて神泉苑に都の男や農民と神輿を担いで赴き
厄病退散を祈ったことが始まりとされています (続)

COMMENT

牛頭天王

最近、読書時間もあまりとれないんですが、
今回の内容は読書中のQEDの新刊に載っていました。

QED

QEDの新刊? 題名は? 私も読まなきゃぁ

QEDの新刊

私も気が付かなかなくて、読書サイトで知りました。今年1月発売『QED神器封殺』です。

図書館で

三種の神器がテーマなんですね
タタルの推理が楽しみ
早速 図書館へ行って予約しゃうと思ひます

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。