スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川床と納涼床

夏 貴船川には 川床 (かわどこ) と呼ばれる桟敷が
作られ京都奥座敷の川床料理を味はふことが出来ます
川床の高さは川面から50センチ位でせうか
清流に手が届く位の高さです

京都まで電車で20分といふ所に40年も住みながら
貴船の川床へは 数年前たった一度 息子に連れて
行って貰っただけです 理由は決して安くないからです
「高い」とはっきり白状しませうね
その「高い」値打ちがあったことも申し添へます

鴨川の
川床 (かわゆか) は 納涼床 (のうりょうゆか)
とも呼ばれ四条大橋などから この高床形式の納涼床の
料理店を多く見ることが出来ます
遠くから見るだけで まだ行ったことがありません


貴船神社
神武天皇の母・玉依姫が黄船に乗って貴船川を遡りこの
地に祠を建てたのがその始まりと伝へられています

和泉式部が夫の浮気に悩み貴船神社を参詣した時の歌

物思へば沢の蛍も我身より
  あくがれ出づる魂かとぞみる


貴船の神の返歌

奥山にたぎりて落つる滝つ瀬の
  玉散るばかり物な思ひそ
今朝の産経新聞31面に写真入りの次のやうな記事を
見つけました

  祗園祭の山鉾巡行(17日)で先頭を行く長刀鉾の
  神事「吉符入り」が5日、京都市下京区で行われ、
  稚児役の西尾太一朗君(10)が優雅な稚児舞を披露
  した (以下略)

「吉符入り」は一日の行事だった筈なのに???


「祗園祭」と「祇園祭」
当ブログのこれまでの記事では 「祇」 と表記していた
やうに思ひます 産経新聞や「京都・観光文化検定試験
公式テキストブック (京都商工会議所)」では 「祗」 と
表記されていました
私 大変うっかりしていました ごめんなさい
「祗園祭」と表記すべきでした 神事ですからね

COMMENT

川床、納涼床

言葉を聞くだけで、涼しくなります。
風情がいいですよねぇ~
是非とも体験してみたいです。v-10

美味しく涼しく

誰かさんと ご一緒に是非  予約が無難

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。