スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京の七不思議

知恩院 の七不思議 出水通の七不思議
永観堂の七不思議などがありますが
浄土宗の総本山 知恩院の七不思議をご紹介します


●鴬張りの廊下
御影堂から大方丈・小方丈に至る廊下は歩くと鶯の鳴き声
に似た音がし静かに歩かうとするほど音が出ます

●瓜生石
黒門前の交差点にある石
二条城へ続く抜け穴の出入り口であるとか
牛頭天王が降臨してこの石に瓜が生えて一夜にして花が
咲き実がなったとか

●大杓子
大方丈入口の廊下の梁にある長さ二米五十糎
重さ約三十kgの大杓子  大阪夏の陣で三好清海入道が
この杓子で大暴れしたとの言ひ伝へがあります

●三方正面真向の猫
大方丈廊下の杉戸に描かれた狩野信政の猫の絵
この絵の猫はどちらから見ても見る人を正面から睨む

●抜け雀
狩野信政が描いた大方丈の菊の間の襖絵
万寿菊の上に数羽の雀が描かれていたが雀が命を受けて
飛び去ったといわれている

●忘れ傘
御影堂正面軒下に置かれており左甚五郎が魔除けの為に
置いていったとされています
また御影堂建立時に そこに棲んでいた白狐が 居場所が
なくなるので棲家を作って欲しいと頼みその御礼に寺を
護ることを約束して置いていったとも伝へられている傘

●白木の棺
三門楼上に二つの白木の棺が安置され その中には
三門を建てた大工の棟梁 五味金右衛門夫婦の自作の木像が
収められています
金右衛門は予算超過の責任を取り自刃して果てた
知恩院のご本尊は法然上人御影像 (国宝)
三門も国宝で 現存する二階建の二重門としては最大
別名「早来迎」の「阿弥陀二十五菩薩来迎図」も国宝

方丈再建時に作られ玉淵坊の作とされる雄大豪華な庭園は
東山の裾を築山の代りに使ったと見られています

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。