スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松虫姫 鈴虫姫

七月二十五日 鹿ケ谷カボチャ供養 安楽寺
江戸時代 安楽寺の真空上人が見た夢  夏の土用にカボチャを
供養すれば病を免れるとの夢のお告げに由来する

安楽寺には次のやうな悲話が残っています
後鳥羽上皇の女官であった美貌の姉妹
松虫姫・鈴虫姫
出家を望んで法然の弟子 住蓮房と安楽房に剃髪して貰ひ
尼僧になったが これに激怒した上皇は住蓮房・安楽房を
斬首 法然を讃岐国へ流罪とした

当時 仏教は貴族仏教であり権力者や貴族だけのものでした
これに対して法然は「人は誰でも南無阿弥陀仏を唱へれば
救われる」と説いたのですから
松虫姫 鈴虫姫の悲話の背景には法然の説く専修念仏に反対
する仏教集団を始め後鳥羽上皇の宗教弾圧があったのです
この事件は「建永の法難」と言はれています


松虫姫 鈴虫姫 出家前の歌

哀れ憂きこの世の中のすたり身と
  知りつつ捨つる人ぞつれなき


安楽上人 辞世の歌

今はただ云ふ言の葉もなかりけり
  南無阿弥陀仏のみ名のほかには


住蓮上人 辞世の歌

極楽に生まれむことのうれしさに
  身をば佛にまかすなりけり

COMMENT

いつも興味深く拝見させていただいております。
私は現在、「無料算数問題集・無料数学問題集の広場」
http://buchiyamato.jp/
というものを開設しました。
毎日、無料で算数の問題集や数学の問題集を公開しています。
もしよろしければお立ち寄り下さい。

数学

有難うございます 数学は理解できれば楽しく美しいものですね
以前読んだ本の中にこんな問題がありました
「マクローリン級数をn項で切った時の剰余項は何か」
マクローリン級数もテーラー展開も分からない私には
チンプンカンプンでしたけどね

悲話

美貌の姉妹、名前も秋の夜を美しく響き渡る虫の音。
美しさ所以の不幸もあるのですね。
権力者の一言で、残酷な死に方をし、さぞ、無念だったことでしょう。
無情を感じます・・・。

二つの説

当時 松虫姫は十九歳 鈴虫姫は十七歳 両姫は自害して
果てたといふ説と 瀬戸内海・生ロ鳥・光明坊に移り
松虫姫は三十五歳 鈴虫姫は四十五歳まで生きたといふ
説があります

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。