スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園祭 宵山(2)

昨日七月十六日 京都 祇園祭 宵山へ行って来ました
四時に家を出て 四条烏丸に着いたのが四時四十五分
地下鉄を上った所が綾小路通の交差点でしたが
なななんと烏丸通の車道り両サイドに露店がズラリ
車が遠慮がちに徐行 綾小路通にも露店が並び
あっちの通りもこっちの通りも露店 露店 人 人 人

私は四条通を一路西へ と言っても人の流れ任せ
函谷鉾をカメラに納めて そして月鉾もパチリ
郭巨山 四条傘鉾と順に撮って行きました
西洞院から今度は綾小路通を東へ戻りながら
伯牙山 綾傘鉾 鶏鉾をカメラに納めてスタート地点へ
たったこの一周で一時間半もかかったのです

汗はびっしょり 家を出る直前にトーストを食べたのに
お腹はペコペコ 露店でフランクフルトソーセージを


四条通は既に歩行者天国  天国などと とんでもない
芋を洗ふやうな混雑とこのことでせうね
長刀鉾が目の前に見えているけど もっと近くで撮りたい
国会の牛歩よりゆっくり それも後ろから押されながら
やっと長刀鉾の近くへ辿り着いて歩きながら押されながら
パチリ パチリ パチリ 誰もがさうでした

大丸百貨店へ逃げ込んでホッと一息
地下道は空いていました 河原町まで直行し通りに出て
みて とても八坂神社までは行けないと判断 今度は
高島屋で一休みしました
夜の四条通は商店街の灯りと人の波 左側通行の規制の
お陰で少し楽に歩くことが出来ました
若い女性の殆どが浴衣姿 連れ添ふ恋人も浴衣姿

ピーヒャララ ドンドコドン コンチキチン
  コンチキチン コンチキチン

長刀鉾が見えてくるとまた渋滞 とても前へ進める
状態ではありません 僅かな流れが東洞院通へ
綾小路通を西に入って漸く最初のスタート地点へ
ここから逆周りで長刀鉾の前に出てやっと地下鉄入り口
八時五十分 無事帰宅

一夜明けた今日は祇園祭のクライマックス 山鉾巡行
でも朝からずっと雨が降り続いています
しかもかなり強い降りです
今日は ゆっくりTVで山鉾巡行の様子を見ることにしませう

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。