スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金閣寺

正式名称は鹿苑寺(ろくおんじ) 相国寺の山外塔頭
足利義満(室町幕府 三代将軍) が建てた北山殿に始まる
鹿苑寺は世界遺産(古都京都の文化財)に登録されており
通称
金閣寺 は金閣舎利殿

庭園は池泉回遊式で国の特別史跡・特別名勝
庭園には茶室・夕佳亭(せっかてい)があります
金閣を映す池は鏡湖池(きょうこち)
池の中に「九山八海石」など数々の名石あり
現在の金閣は昭和三十年の再建
昭和六十二年に金箔を張替へました


金閣寺から連想するのは 頓知小僧の一休さん
将軍 義満を始め蜷川新右衛門さん 意地悪な商人・桔梗屋
さよちゃんたちを思ひ浮かべます

一休さん京都の生まれで後小松天皇のご落胤とされて
いますが 一説では足利義満の子ではないかとも
幼名は千菊丸 一休は道号 宗純は戒名


門松は冥土の旅の一里塚
  めでたくもあり めでたくもなし


さう言ひながらお正月に髑髏を杖の上に載せて歩いたとか
飲む・買う・喰う(肉) など 戒律や形式にとらはれず人間
臭く生きられたお方です

晩年を過ごされた寺が京田辺市にある
「酬恩庵」
通称は一休寺 名物は私の大好きな一休寺納豆
粘り気のない乾燥した塩味が特徴の黒っぽい納豆です

COMMENT

金閣寺

私の場合、金閣寺から連想するのは、
あまり良い印象ではなかったのですが、三島由紀夫。

>金閣を映す池は鏡湖池(きょうこち)
池の中に「九山八海石」など数々の名石

是非とも、肉眼で鑑賞したいですねぇ~

古寺院めぐり

予備知識があるのと ないのとでは損得に影響しますねぇ
同じ拝観料を払ふのですから有名なものは全部見たい
撮影できる風景・建物・構築物・物はできるだけ多く撮りたい
と思ふやうになった私です

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。