スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産寧坂

産寧坂 は清水寺の子安の塔に向かう安産祈願の坂道で
あることから産寧坂と名付けられたと言はれています
産寧坂は三年坂とも呼ばれ
「三年坂で転ぶと三年で死ぬ」
「二年坂で転ぶと二年で死ぬ」といふ言ひ伝へもあります

円山公園から高台寺・八坂五重塔・二年坂を経て産寧坂
に至る道沿ひには古い町屋や寺が並び石段や石畳などが
京都のゆかしさを醸し出しています
この界隈は
「産寧坂重要伝統的建造物群保存地区」

国(文化庁)で指定されているのですが お役所はだうして
このやうに長い名前を付けるのでせうね
京都市には他に祇園新橋・嵯峨鳥居本・上賀茂 の三地区
「重要伝統的建造物群保存地区」があります


産寧坂を上り切った所が清水坂と五条坂が交る場所で
京漬物 佃煮の老舗 土井志ば漬 のお店の前を通って
どんどん坂道を登って行くと
清水寺 に着きます

清水寺 山号は音羽山 本尊は十一面千手観音
世界遺産 (文化遺産)に登録されており
本堂(国宝)は「清水の舞台」で知られる建物です

征夷大将軍 坂上田村麻呂が開基 延鎮と協力して建てた
坂上田村麻呂は嵯峨天皇の勅許を得て公認の寺院となり
「清水寺」を世号としました (810)

COMMENT

あら懐かしやの

この坂道の両側にあるお店を覗きながらジグザグに歩いたものです。
ああ、そぞろ京都が恋しい......。
旅情をかきたてられまするぅぅぅ。

旅情

旅情を掻き立てられたらベニスへの旅は如何?
旅情 (Summertime) 時期もピッタシ
主題歌 (Summertime in Venice)
キャサリン・ヘップバーン ロッサノ・ブラッツィ
映画は字幕スーパーでね 日本語では絵にならない

古都

どちらの町も風情がありますね。

ベニス...美しい響き。
アゲハはやはりルチアノ・ヴィスコンティ監督の【ヴェニスに死す】かな。
タドズオを演じたビョルン・アンドレセンは永遠の美少年です。

あの頃

仕事一筋 酒一筋の頃 映画を見る心のゆとりもなかった頃

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。