スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京友禅

絹の綸子に手描京友禅の振袖
着物に目のない独身女性なら この一文を目にしただけで
目が輝くに違いありません  京の着倒れ

日本を代表する友禅作家○○○の作品
振袖 税込価格 5,040,000
着物 帯 帯締 履物 肌着 下着 そして春夏秋冬
着物を着るか 家を建てるか

手描友禅は江戸時代 京都の扇絵師であった
宮崎友禅斉
の考案によると伝へられています


今日は少し織物の話をしませう
まず素材別に天然繊維と合成繊維と化繊
天然繊維は動物性(羊毛・絹)と植物性(綿・麻)

織り方は平織・綾織・朱子織・その他の変り織
平織系はブロード・オックスフォード・マットウース
綾織の代表はギャバジンでせうか
綸子は
朱子織 の一種です
サテンのワンピースと言へば朱子織にプリント柄
変り織の代表は紋織 ジャカード織とも言ひます
  テーブルクロスや白いシーツに浮き出た薔薇

予め染めた糸を織るのが「先染め」(さきぞめ)
ギンガムチェック タータンチェックがその代表
西陣織も忘れてはなりません
織物になってから染めるのが「後染め」(あとぞめ)
プリント(捺染)や京友禅も 後染めの一種です

プリント(捺染)には地染オーバーとか抜染・防染と
いったテクニックも用ひられます
単位面積あたりの染め代に換算しますと
手描京友禅が最高でせうねぇ それも桁違ひに

COMMENT

何年か前、中クラスの家が三軒ばかり建つ金額の振袖を見たことがありますが、いやはや.....プラチナを織り込んだ豪奢な一点でした。
七たび生まれ変わってもあたくしなんぞが袖を通せるもんじゃぁありませぬ。

でも、幸いというのか、見て楽しむ趣味がありますので♡

ながもち

宝石は何千年の時を経ても品質が落ちることはありませんが
繊維 特に天然繊維は経時変化 (脆化) しますし色も退色します
七たびも生まれ変っていては着物はボロボロ
室町は呉服屋の娘に生まれ変ることですねぇ
一度の生まれ変りで済みますよ

ふむ

その手があったか。

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

TRACKBACK

ラムファーはいつもさらさらで爽やかな肌触り。これは高い吸放湿性のおかげです。一般にラムファーはナイロンの4倍、アクリルの7.5倍、ポリエステルの15倍の吸湿性を持っています。その上、放湿性も高いので吸収した水分を中にためずに発散し、いつもさらさら快適です! サ

  • シーツの思い入れ
  • | 2007/07/21 21:24
  • TOP △

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。