スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23番 大江千里

月みれば千々に物こそ悲しけれ
  我が身ひとつの秋にはあらねど


月を見ていると悲しくなるの
私だけの秋じゃないけど
何だか私だけの秋のような気がして


大江千里は在原業平の甥。
漢詩に詳しく、この歌は白楽天の「燕子楼」という詩を
元に作ったと言はれています。
だとするなら、この歌は悲しい女性の立場で詠ったと
いふことになりますね

古歌について万葉集や古今・新古今集等々をみる限り
盗作といふ概念は殆どないように感じられます
寧ろ逆だったのではないでせうか
それだけ多くの歌をよく知っているといふ
博識者の概念が強かったのだと思います。

本歌に敬意をはらった上で本歌以上の内容を詠ふなら
元の作者もこれを赦し、そして褒めてくれるでせう
単なる部分流用であってはいけません。
千里は漢詩を三十一文字といふ当時の歌界で
理解し易い美しい和歌に昇華させたのです。

そして新古今集では鴨長明が更にこの歌を本歌として
また別の世界を詠っています。


眺むればちぢに物思ふ月にまた
  わが身一つの嶺の松風


【係り結び】「こそ」+「けれ」については
次の機会にお話しますね。

大江千里についての関連記事  歌占(うたうら)

COMMENT

トラックバックありがとうございます

和歌の時代は、歌や詩の知識から、いかにその場に合った歌を詠むかで、その人のセンスが問われたようです。
相聞歌も、単なる恋愛で済まされない意味があるのでしょうね。

相聞歌

あぷろさん ようこそ
相聞歌での本歌取では、さりげなく使はれている歌がいいですね
受取る側も相当勉強してないと「山吹」になりかねません

本歌と実際にもらった歌とを共有しようよ!というのが、相聞なんですね。
何のことかわからない凡人は、売れ残ってしまうのでしょうか……

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

TRACKBACK

歌占(うたうら)

 歌占というものがあるらしい。1首づつ和歌の書かれた紙を選び、その歌の意味から吉凶を占うらしい。  珍しいと思ったがよく考えたら、春日大社、平安神宮、上賀茂神社などのおみくじも和歌から意味を読み取る形

  • ごちゃまぜのおもちゃ箱
  • | 2005/10/09 08:31
  • TOP △

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。