スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大原の里

東京に住んでいた頃 ゴールデンウィークの一週間
一人で奈良・京都を旅したことがあります
主目的は奈良の古寺巡りと大和路を徘徊することで
京都はどちらかと言へば ついで でした

京都の街中で大原女を見かけました
絣のもんぺ 頭に手拭い
それがきっかけで大原行きのバスに乗ったのです
行く先は三千院・寂光院 もう それが相場なんですね
三千院・寂光院の前知識など全くなしで


三千院
開基は伝教大師最澄 ご本尊は薬師瑠璃光如来
往生極楽院には阿弥陀如来・観音菩薩・勢至菩薩の三尊
金色不動堂には智証大師作と伝えられる不動明王


寂光院
その昔 聖徳太子が父・用明天皇の菩提を弔ふ建立した
後世 壇ノ浦で平家一族が滅亡 平清盛の娘・建礼門院
徳子がこの尼寺で余生を送った


東京へ転勤になる前は ずっと大阪に住んでいたので
奈良・京都なんて いつでも行けたのですが
保谷市に住むやうになって何故か無性に奈良へ行きたく
なったのです 奈良時代の歴史に はまっていた頃でした

単身赴任で幕張本郷に住み新習志野へ通っていた時にも
似たやうなことが・・  東京ディズニーランドまでは
電車で15分ほどで行けるのに しかもパスポートまで
貰ったのに一年半もの間 一度も行かずに関西へ戻って
から ディズニシー・ディズニーランドへ行きました

COMMENT

三千院は30年前の冬に日帰りで行きました。
雪景色を眺めながら、彼と湯豆腐を掘りごたつに入って食べました。
当時は岡山に住んでいましたので、彼は岡山の人でした・・・。

近くにあると、行かないものですね。

熱い湯豆腐

そして熱い二人 雪の大原も寒くはなかったでしょ?  (^0^)/

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。