スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しては駄目

京都のお盆
お盆に昆虫採集をしてはいけない
京都では「おはぐろトンボ」をお精霊トンボと言っています
お盆になるとご先祖様がおはぐろトンボに姿を変へられ
浄土からこの世に帰って来られるです
ですからお盆に昆虫採集をしてはいけません
殺生してはいけないのです


祇園祭と胡瓜
祇園祭にキューリを食べてはいけません
祇園祭は八坂神社のお祭りです
その八坂神社の神紋がキューリの切り口模様にそっくり
それを口にするなんて 何と畏れ多いことか といふことで
京都では祇園祭の間 胡瓜を口にしません
胡瓜の一番美味しい時期に 胡瓜絶ちをするのです


嫁隠し
鰻の寝床といはれる京町屋は表玄関を入ると裏まで続く
細い通路があります その中間あたりに立つ衝立や戸板を
嫁隠し といひ目隠しの役目をしています
その奥には竈・井戸・水屋など生活空間があるのです
家の人の許可があるまで これより先に入ってはいけない
八百屋・魚屋・酒屋など馴染みの出入り業者でも
嫁隠しの手前から声をかけます

十三参りでは渡月橋を渡り切るまで振り向いてはならない
お嫁入りの時 一条戻り橋を渡ってはいけない
およばれの時 出された料理全部は 食べてはいけない
この橋渡るべからず (一休)

COMMENT

検定本

お久しぶりです。
いよいよ、広島検定もスタート予定です。
その公式検定本の公募が始まって
関わっている出版社でもテキストを作成中。
あらためてわが市のことを勉強し、とっても楽しかったです。
京都ほどの深みは当然期待できませんが、
広島もなかなか興味深いですよ。
採用されるといいなぁ

京都検定

「京都検定」「明石検定(たこ検定)」 「姫路検定」
「奈良検定」そして「広島検定」ですか
もう全国都道府県検定ですねぇ
「京都検定」は京都商工会議所が主催
京都商工会議所の関係者は受験できないやうです
某女子職員曰く 「私 受けたいのにぃ」

だめだめ×6

>お盆に昆虫採集をしてはいけない
>祇園祭にキューリを食べてはいけません
>家の人の許可があるまで これより先に入ってはいけない

うまく送信できなかったみたいです。

ごめんなさい。

知らないことばかりで、へえ~!へえ~!と相槌を打ちながら読みました。

ひ・広島検定!

さすが京都

おもしろーい!
昆虫採集はまあいいとしてもキュウリは辛いなあ。
キュウリはどうしても食べたい季節ですよね。

どこかで聞いたのですが、
大阪の人はなにかにつけて東京と比べて自分達のほうがイイといいたがるけれど
京都の人は、東京がどうあれ、「あ、そう」なのだそうですね。
自分達の町は別格という意識が根付いているとか。
そういうのは、やっぱり日本では京都だけでしょうね。さすが京都!

京の人にとって 京は日本の都 つまり首都なんです
  天皇様は いまちょっとお江戸へいったはりますけど
  すぐに御所にお戻りになるんどすえ

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。