スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

承久の乱

荘園管理手法は幕府の方が一枚上でした
荘園からの宮方への寄進(税)は減少
後鳥羽上皇は面白くありません

1219 源頼朝・北条政子の子である三代鎌倉幕府将軍
源実朝が急死し直系の将軍はいない

1221 後鳥羽上皇は鎌倉幕府に対して倒幕の兵を挙げた
鎌倉幕府の第二代執権 北条義時追討の院宣を発したのです
これが
承久の乱
義時は「尼将軍」政子の弟  政子が黙っている筈はない
宮方は敗れて七月には後鳥羽上皇は隠岐島へ配流


蘇我赤兄に裏切られた有間皇子にしろ藤原種継暗殺の
首班側とされた早良親王にしろ でっちあげにしても
陰謀であっても これまでは仕掛けた方が勝って来たのに
後鳥羽上皇 戦は下手だったのですねぇ

片や北条政子 頼朝亡き後の幕府を支へて来た武士の妻
子供には先立たれ うち二人は暗殺されたのですぞ
後鳥羽上皇の宮方は敗れるべくして敗れたのです


義時追討院宣の報を受けた北条政子の御家人たちへの演説

  皆心を一にして奉るべし
  これ最期の詞なり 故右大将軍朝敵を征罰し関東を
  草創して以降官位と云い俸禄と云いその恩既に山岳
  より高く溟渤より深し報謝の志浅からんや
  而て今逆臣の讒に依り非義の綸旨を下さる
  名を惜しむの族 早く秀康 胤義等を討取り
  三代将軍の遺跡を全うすべし
  但し院中に参らんと欲する者 只今申切るべし

COMMENT

戦べた.....にしてもプライドは非常に高かったようで、

我こそは新島守よ隠岐の海の荒き波風心して吹け

の御作からも感じられますね。

後鳥羽上皇

3歳で天皇になり 天皇歴15年 上皇歴23年
武士などは下の下の人間 (と武士自身も思っていた時代)
そんな武士なんかに好き勝手にさせておくもんか
藤原定家との間でも色んな葛藤があったと聞きます

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。