スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京の通り名

四条河原町交差点の何軒が北側にある場所を言ふには
「河原町四条上がる」と言ひます
「四条河原町上がる」とは言ひません
四条(東西の通り)に対して上がる(北へ行く)からです

四条河原町交差点の何軒が西側にある場所を言ふには
「河原町四条西入る」とは言はず
「四条河原町西入る」と言ひます

以上は 京の町の通り名 の再掲ですが
今日はこの通り名の決め方について少し詳しく書きます
例として頂法寺 (六角堂) を取りあげてみますね


先ず 六角堂の前の通りを先に書きます
六角堂の山門はほぼ六角通に面していますから「六角通」

  山門が南を向いているので前の通りは東西の通りです
  もし山門が東(又は西)を向いているのであれば前の通
  りは南北の通りとなり 南北の通り名を最初に書きます

次は山門を通り(六角通)に出て左右を見てみます
右(東)へ行くと烏丸通 左(西)へ行くと東洞院通
そこで近い方の通り名「東洞院」を書きます
但しここでは「通」は付けないことに注意して下さい

最後に 二番目に付けた通り名の角から六角堂の山門前を
見て東西南北のどちらを見ているかを考へます
東洞院通の角から見て六角堂の山門前は「西」にあたり
ますので「西入る」となります


京都市中京区 六角通東洞院西入る
二番目に付けた通り名の角から見た自分ちの方角によって
最後の表現は次のやうになります

二番目に付けた通り名の角から見て 自分ちが
  北にあるなら「上ル」  【あがる】
  南にあるなら「下ル」  【さがる】
  東にあるなら「東入ル」 【ひがしいる】
  西にあるなら「西入ル」 【にしいる】

「る」は「ル」とカタカナ表示されることも多く
「東入ル」「西入ル」は「東入」「西入」のやうに
「る」「ル」を省略して表示している場合もあります
「上ル」「下ル」は「上ガル」「下ガル」のやうに
「が」「ガ」の送り仮名がついたりすることも・・


六角堂の山門前から左右に見える通りについて
もし烏丸通の方が近いとするなら

  京都市中京区 六角通烏丸東入ル
となります

向う三軒両隣 通りを挟んでお向いさんと我が家は
同じ通り名?
角のお家の通り名は? まだまだ勉強しなければ・・

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。