スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激しい恋

万葉集 巻第十三 相聞 13-3272

打延而 思之小野者 不遠
其里人之 標結等 聞手師日従 立良久乃
田付毛不知 居久乃 於久鴨不知 親之
己之家尚乎 草枕 客宿之如久 思空
不安物乎 嗟空 過之不得物乎 天雲之
行莫々 蘆垣乃 思乱而 乱麻乃
麻笥乎無登 吾戀流 千重乃一重母 人不令知
本名也戀牟 氣之緒尓為而


うちはへて 思ひし小野は 遠からぬ
その里人の 標結ふと 聞きてし日より 立てらくの
たづきも知らず 居らくの 奥処も知らず にきびにし
我が家すらを 草枕 旅寝のごとく 思ふそら
苦しきものを 嘆くそら 過ぐしえぬものを 天雲の
ゆくらゆくらに 葦垣の 思ひ乱れて 乱れ麻の
をけをなみと 我が恋ふる 千重の一重も 人知れず
もとなや恋ひむ 息の緒にして


反し歌 13-3273


二つなき恋をしすれば常の帯を
  三重結ぶべく我が身はなりぬ


  長い間 思い続けて来た小野に程近いその里の男が
  しるしを結ぶと聞いた日から立ってもいても
  だうしたらよいか分からず坐っていても見通しが
  つかず馴れ親しんだ我が家すら草を枕の旅に寝る
  やうで物を思ふ身は苦しいのに嘆く身は日々を過ご
  し難いのに一層天雲の如くゆらゆらと芦垣の如く
  乱れて物を思ひ乱れた麻糸を入れる器もないとて
  この恋の千分の一も人に知られず覚束なく恋する
  のであらうか 恋を命として

  比べやうがない恋をすると いつもの帯を三重に
  結ぶほどに我が身は痩せてしまった
 (中西進訳)

COMMENT

一種の熱病

ですね。

そうしてそんな尋常でない時に人はどんな愚者でも詩人になるんです。

若かりし頃

そんな尋常でない時がありました
出来れば今からでも愚者でも詩人にでもなれたら・・

ひたむき

 暮らすわが家が旅先の宿になるなんて切実な表現が素敵だ。詩人だなぁ。

狂ほしい

こんな恋 たとへ片恋でもしたひものです

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。