スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(二段)

伊勢物語(二段)
  むかし男ありけり。平城の京は離れ この京は人の家ま
  ださだまらざりける時に 西の京に女ありけり。その女
  世人にはまされりけり。その人かたちよりは心なむまさ
  りたりける。ひとりのみもあらざりけらし。それをかの
  まめ男 うち物語らひて帰り来ていかが思ひけむ。時は三
  月のついたち 雨そほふるに遣りける

起きもせず寝もせで夜をあかしては
  春の物とてながめ暮しつ


昔 男がいた。奈良の都は既に都ではなくなり 遷都したこの
京の都は まだ人家が落ち着いていなかった頃 西の京に と
ある女が住んでいた。その女は世間の普通の女より優れてい
た。容貌よりは心の方が優れていたのでした。
夜尋ねてくる男がいないといふ訳でもなかったやうである。
例の誠実な男が その女と一夜を明かして(情を通じて)帰っ
てきてどんなに恋しく思ったことか 時は三月一日 雨がそぼ
降る中 次のやうな歌を詠んでその女に贈った。


昨夜あなたと逢ってからといふもの 一晩中 寝るでなし起き
るでなしの夜を明かし 今は春のものとして降るこの長雨を
眺め見ながら物思ひに耽っています


古今集 在原業平のこの歌の詞書には次のやうにあります。
後朝(きぬぎぬ)の歌といったところでせうか


  三月のついたちより忍びにものを言ひて後
  雨のそぼ降りけるによみてつかはしける

この京 = 平安遷都後の京の都  離れ = 遠ざかり
西の京 = 平安京の中央を南北に走る通りは朱雀大路
 (現在の千本通り) 朱雀大路より西を西の京と呼ぶ
かたち = 容貌・外見  心なむ = 「なむ」は強調の意の
  係助詞 連体形で結ぶ (係り結び) まさりたり
ける
かのまめ男 = むかし男ありけり の当人(この物語の主人公)
ながめ = 眺め = 長雨に掛けている

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。