スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(四段)

伊勢物語(四段)
  むかし東の五条に大后の宮おはしましける 西の対に住
  む人ありけり。それを本意にはあらで心ざし深かりけ
  る人 行きとぶらひけるを 正月の十日ばかりのほどに
  ほかにかくれにけり。ありどころは聞けど人の行き通ふ
  べき所にもあらざりければ なほ憂しと思ひつつなむあ
  りける。又の年の正月に梅の花ざかりに去年を恋ひて行
  きて 立ちて見 居て見 見れど去年に似るべくもあらず
  うち泣きて あばらなる板敷に月のかたぶくまでふせり
  て去年を思ひいでてよめる。

月やあらぬ春や昔の春ならぬ
  わが身ひとつはもとの身にして


  とよみて夜のほのぼのと明くるに泣く泣くかへりにけり

ある男が皇太后宮の西の対に住んでいた女に思ひをかけて
通っていましたが 女を或る高貴な所に隠されてしまった
男は去年と同じ梅の花の咲く頃 去年のことが恋しくて
たまらず西の対を訪れ過ぎし昔を追憶して嘆きの歌を
詠みました


月は昔と同じ月ではないのであらうか
春は昔と同じ春ではないのであらうか
恋しい人の姿の見へない今はまるで去年の眺めと
感じが変ってしまった
ここにある我が身だけが元のままであるのに


西の対に住んでいた女が誰であるか名前は明示されて
おりませんが二条后高子であることが暗示されています
古今集 恋歌  この歌の長い詞書は


  五条の后宮の宮の西に住みける人に 本意にはあらで
  物言ひわたりけるを睦月の十日余りになん
  ほかへ隠れにけり
  あり所は聞きけれど え物も言はで又の年の春
  梅の花ざかりに月のおもしろかりける夜 去年を恋ひて
  かの西の対に往きて月のかたぶくまで
  あばらなる板敷に臥せりてよめる   在原業平朝臣

本意にはあらで = 不本意ながら
 何故不本意かと言へば 遂げるには無理過ぎる恋だから
心ざし深かりける人 = 深く愛してしまった人
行きとぶらひけるを = よく訪れていたが
人の行き通ふべき所 = 誰でも行き来できるやうな所
あらざりければ = ではないので
 即ち誰でも行き来でるやうな所ではないので
あばらなる板敷 = 恋しい女が引っ越してしまった後の
 何もないガランとした板敷の間

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。