スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢物語(六段)

伊勢物語(六段)
  むかし 男ありけり。女のえ得まじかりけるを
  年を経てよばひわたりけるを からうじて盗み出でて
  いと暗きに来けり。芥川といふ川を率ていきければ
  草の上に置きたりける露を 「かれは何ぞ」となむ
  男に問ひける。ゆくさきおほく夜もふけにければ
  鬼あるところとも知らで 神さへいといみじう鳴り
  雨もいたう降りければ あばらなる蔵に 女をば奥に
  おし入れて 男 弓 やなぐひを負ひて戸口にをり。
  はや夜も明けなむと思つつゐたりけるに
  鬼はや一口に食ひてけり。あなや といひけれど
  神鳴るさわぎにえ聞かざりけり。
  やうやう夜も明けゆくに 見れば 率て来し女もなし。
  足ずりをして泣けどもかひなし。

白玉か なにぞと人の問ひし時
  露と答へて消えなましものを


  これは二条の后のいとこの女御の御もとに
  仕うまつるやうにてゐ給へりけるを かたちのいと
  めでたくおはしければ 盗みて負ひて出でたりけるを
  御兄堀河の大臣 太郎国経の大納言 まだ下臈にて内へ
  参り給ふに いみじう泣く人あるを聞きつけて
  とどめて取りかへし給うてけり。
  それをかく鬼とはいふなりけり。
  まだいと若うて后のただにおはしける時とや。

手に入れられさうもない高貴な女を 幾年も求婚して
やっと連れ出して 暗い中を逃げてきた。
女を連れて芥川といふ川のほとりを歩いていたところ
女は草の上の露を見て「あれは何?」と男に尋ねた。
行く先はまだ遠く夜も更けてきたので そこは鬼が
住むところとも知らず 雷さへひどく鳴り 雨もひどく
降ってきたので 途中にあった開けっ放しの蔵の中に
女を奥の方に隠し 自分は弓と やなぐいを背負って戸口で
警戒していた。早く夜が明けて欲しいと思っていると
奥では鬼がいきなり女を一口で喰ってしまった。
女は「あれぇ~っ」と言ったけれど雷の鳴る響きで男には
聞き取れなかった。次第に夜も明け やれやれと見れば
連れて来た女がいない。地団駄を踏んで悔しがって
泣いたが だうせうにもなかった。


あの光るものは何ですか 白玉ですか 何なのかしら
とあの人が尋ねたとき私は あれは露の光です と答へて
あの儚い露のやうに私自身も消へてしまへばよかった
さうすればこんなに悲しい思ひをせずに済んだのに


これは二条の后高子が従姉妹の女御のもとにお仕えるやうな
格好でおられた折 后はそれは素晴らしく美人だったので
男(業平)が后を背負って盗み出したのを 后の兄やその
長男が その時はまだ身分が低く宮中へ参内なさる折 ひどく
泣く人がいるのを聞きつけて 男が連れて行くのを掴まえ
后を取返された。それをこのやうに鬼と言ひ換えたのである
后がまだとてもお若くて入内なさる前の 普通の身分で
おられた時のことだといふ

え得まじかりけるを = 得られさうもなかったのを
よばひわたりける = 求婚し続けていた
盗み出でて = 后も合意の上の駆け落ち
神 = ここでは雷の意
やなぐひ = 矢を入れ背負う入れ物
明けなむ = ここでの「なむ」は願望 早く明けて欲しい
足ずりをして = 地団駄を踏んで
女御 = 帝の妃 染殿后明子
仕うまつるやうにて = お仕えるやうな形で
かたち = 容姿
后のただにおはしける時 = 「ただ」普通・普通の人

COMMENT

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK URL

side menu

当ブログの参考資料

歌の復籍 上巻・下巻
著者 梅原猛
集英社
歌の復籍


水底の歌 上巻・下巻
著者 梅原猛
新潮社
水底の歌
文庫本が出ています↓
水底の歌(上)
水底の歌(下)


万葉集(一) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(一)


万葉集(二) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(二)


万葉集(三) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(三)


万葉集(四) 全訳注原文付
講談社文庫 著者: 中西進
万葉集(四)


万葉集(別巻)全訳注原文付
万葉集事典 講談社文庫
著者: 中西進
万葉集(別巻)


文法全解 伊勢物語
著者 雨海博洋
旺文社
伊勢物語


古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
古今和歌集要解


新古今和歌集要解
著者 稲村徳
有精堂
新古今和歌集要解


もっとも分り易き 萬葉集の解釋
著者 柴田隆
日本出版社
定價金70錢?
もっとも分り易き 萬葉集の解釋


萬葉集選抄
著者 次田潤
明治書院
定價金壱圓拾錢
萬葉集選抄


大和物語・宇津保物語 他
著者 藤井貞和 大岡信
新潮社
大和物語


源氏物語(一)
石田穣二 清水好子 校注
新潮日本古典集成
新潮社版
(下の写真は背表紙)
古今和歌集要解

最近のコメント

関連リンク

side menu

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

当ブログの参考資料

京都ルルブ
2001年3月版
JTB
京都ルルブ


くわしい解説 小倉百人一首
著者 小町谷照彦
文英堂
小町谷照彦の小倉百人一首


田辺聖子の小倉百人一首
著者 田辺聖子
角川文庫
田辺聖子の小倉百人一首
ここで購入できます↓
田辺聖子の小倉百人一首


絢爛たる暗号
著者 織田正吉
集英社
絢爛たる暗号
文庫本が出ています↓
絢爛たる暗号


小倉百人一首全釈
著者 井上雄一郎
武蔵野書院
井上雄一郎の小倉百人一首


百人一首故事物語
著者 池田弥三郎
河出書房新社
百人一首故事物語
文庫本が出ています↓
百人一首故事物語


上田秋成集
著者 稲村徳
有精堂
上田秋成集


『万葉集』の世界
著者 阿蘇瑞枝・梅原猛・中西進
筑摩書房
『万葉集』の世界


万葉を考える
著者 梅原猛ほか
新潮社
万葉を考える


大和物語・伊勢物語 他
日本古典文学全集
著者 片桐洋一・福井貞助
・高橋正治・清水好子
小学館
(下の写真は背表紙)
日本古典文学全集

プロフィール

ちゃむ

  • Author:ちゃむ
  • 1940.01 生まれ 男性
    この写真は但馬皇女の歌
    人言を繁み言痛み己が世に
      未だ渡らぬ朝川渡る

    をイメージしたものです

ブログ内検索

Powered By FC2 blog

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。